前回、パイン酢を紹介しましたが、今回は干しぶどう酢を紹介します。

なぜなら、私が効果を実感して、こんなに長期間続けているのは、珍しいからです。

パイン酢も手軽に作れますが、干しぶどう酢はもっと簡単です。

【用意するもの】

・干しぶどう(オイルコーティングしていない物)

・リンゴ酢

・ガラス瓶

以上です。

まずは、干しぶどうをガラス瓶に移します。

そこに、リンゴ酢を注ぎ込みます。

ブドウが全部浸るくらい注ぎ込みます。

そして、蓋をして、常温で24時間放置すれば完成です。

こんな感じに出来上がりました。

本やインターネットでも、作り方が色々書いてあります。

ほとんどが、ハチミツや砂糖を加えると明記していますが、私は入れませんでした。

入れなくても充分発酵するようです。

一つ、アドバイスさせて頂くとすれば、干しぶどうの選び方。

最初、白ブドウや黒ブドウが混ざった物で作ったのですが、やはりポリフェノールの含有量を考えても黒ブドウだけの物で作った方が、味もそうですし、健康効果も体感することができました。

今は、もっぱらこちらのレーズンを使っております。

完成した状態を見ても、色の違いがわかります。

パイン酢は、飲むイメージが強いのですが、干しぶどう酢は食べる感じです。

ヨーグルトに入れて食べるのを一番オススメしていますが、カレーやシチューに入れても絶品でした。

あと、ポテトサラダやかぼちゃサラダにも合いました。

是非皆さんもお試しください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です