SAYONARA 国立競技場 vol.5

スポーツの聖地「国立競技場」

アスリートと観客が一体となり、多くの歴史的瞬間を刻んできたスタジアムが、56年の歴史の幕を閉じようとしています。

いよいよクライマックスです。

国家斉唱

三宅由佳莉さん

谷村新司さん、「昴」

森山良子さん、「今日の日はさようなら」

会場にお別れの雰囲気が漂って来ました。

このイベントに花を添えるアーティスト。

そして、観客席のペンライトが、国立競技場とのお別れを惜しんでいるようにも感じます。

都倉俊一さんの指揮で、「蛍の光」

ちょっと紅白歌合戦チックですね。

これが見納め!

聖火が消えて行きます。

こんなに炎を見つめたのも、久しぶり。

多少、風もあったので様々な表情を見せてくれていました。

そして、………消えて行きました。

聖火台の後方から一斉に700発の花火が!

物事には必ず終わりがある!という事を告げられたような気がします。

今まで、選手の引退は数多く見てきました。

競技場の引退を見るのは初めてです。

会場全体が闇に包まれました。

ピッチには、SEE YOU IN 2019

電光掲示板 には、SAYONARA の文字が浮かび上がりました。

国立競技場、お疲れ様でした。

本当にありがとう!

イベント終了後はグラウンドに入る事が許され、

皆さん、最後のお別れをしていました。

特にこのピッチの芝生は、芝生職人が何十年もの間、1日も休まずに手入れを続けて来た芝生です。

ほとんど人で芝生が見えませんが(笑)

皆さん、裸足で感触を味わっていました。

私もプロフィール写真を含め数多くの写真をこの競技場で撮って来ましたが、

この写真がここで撮った最後の一枚になりました。

最後までお付き合い下さり、ありがとうございました。

メインスタンドの壁画、

スポーツの神様「ATHENA」に

感謝の意を捧げます。

SAYONARA 国立競技場 vol.4

さて、楽しかった時間も終わりに近づいて来ました。

最後のセレモニー、フィナーレが始まりました。

司会は徳光さんです。

辻井伸行さんが、1964年東京オリンピックの開会式で演奏された「東京オリンピック・ファンファーレ」と、ショパンの「英雄ポロネーズ」を演奏しました。

このスタジアムで活躍されたアスリートに感謝の気持ちを込めたという演奏は、

会場全体を感動の渦に巻き込みました。

本当に素晴らしかったです。

ここ国立競技場は、

スポーツの舞台になるだけではなく、

コンサート会場としても数々のアーティストが使って来ました。

次に往年の選手たちによる聖火リレーが行われました。

あの聖火台に点火します。

北澤さんの手に聖火が渡りました。

そして、最後のランナー、吉田沙保里選手の手に!

そのまま聖火台に向かって登って行きます。

そして、聖火台に到着しました。

いよいよ点灯します。

聖火台に火が灯りました!

もちろん、この聖火台に火が灯るのも、これが最後の最後になります。

この瞬間、

この場にいれて本当に良かったと思いました。

【つづく】

SAYONARA 国立競技場 vol.3

この日のイベントは、盛りだくさんでした。

1964年の東京オリンピック開会式で展示飛行を行ったブルーインパルスが再び国立競技場の上空にやって来ました!

速いのなんのって、速いに決まってますが

とにかく速いというしか言いようがないのです。

最初に何処からか、飛行機のジェット音だけが聞こえてきます。

みんな「何処だ、何処だ?」という感じで見上げていると、

スタンドの陰から

白い煙の尾を引きながらブルーインパルスが現れて、

あっという間にに消えていくのです。

会場の盛り上がりも最高潮でした。

この後は、

サッカーとラグビーのレジェンドマッチが行われました。

日本を代表する往年の名選手が勢揃い!

ラモス瑠偉さんや、北澤さん、ゴン中山さんなどのボールさばきに観客も喜んでいました。

現在、日本のスポーツ界は様々な問題が露出し紛糾していますが、

こういった問題が一掃されて、これからも多くの方にスポーツが親しまれる事を願います。

会場もだんだん陽が傾いて参りました。

今日の東京は、かなり強い雨が降っているのですが、

4年前の今日は晴れていて本当に良かったです。

グラウンドでは、ラグビーの早明戦、レジェンドマッチが始まりました。

こうやってみると、

この国立競技場は東京オリンピック以降、

様々なスポーツで使用されて

数々の歴史や伝説を生んできたんだなぁ、と改めて実感させられました。

照明灯も点灯されてナイターになってきました。

試合が終わりました。

選手のみなさん、お疲れ様でした。

すっかり夜になりました。

淋しい気持ちも込み上げてきますが、

いよいよフィナーレを迎えます。

【つづく】

SAYONARA 国立競技場 vol.2

さて、今度はグラウンドから、

聖火台のある、あのバックスタンドに向かいます。

この日は、4色のTシャツが用意され、

みんな好きな色を選んで参加したのですが、私は「赤」を着ました。

「赤」チームの皆さんと一緒に移動です。

一旦、外に出て、外階段から向かいます。

バックスタンドに到着しました。

正面にはメインスタンド、そしてピッチが一望できます。

これから始まるイベントは、記念撮影です。

なんと、メインスタンドからこちら側を撮影するらしいのです。

今は、この客席が、赤と青のTシャツで埋め尽くされていると思います。

さぁ、どうなるか?

さぁ、いよいよ記念撮影!

はい!ポーズ(^。^)

皆さ〜ん、見えますか〜?

見えないですよね。

ちょっと拡大してみます。

ジャーン!

さらに!

ジャーン!

ちょっと、見えて来た感じ!

さらに!

さらにイベントは続くのでした!

【つづく】

SAYONARA 国立競技場 vol.1

現在、絶賛建設中の国立競技場。

急ピッチで建設が進んでいます。

近くを通ると、

その巨大な建造物に圧倒されます。

なんとなく、形も見えて来ました。

建設に従事される皆さんが、安全に作業を行なって頂ける事を願います。

さてさて、本題。

ちょうど、4年前の今日!

2014年5月31日

国立競技場のお別れイベントがありました。

SAYONARA国立競技場FINAL

“FOR THE FUTURE ”

4年前を思い出しながら、書いてみたいと思います。

朝靄のかかった早朝の観客席がとても印象的でした。

ここは、仕事や講習会で来ることが多かったのですが、

この空間には特別な空気が流れている感じがしました。

ここが、壊されてしまうと聞いた時は本当に辛かったです。

さて、いよいよグラウンドに降り立ちました。

気持ちが引き締まる感じと、ワクワク感が込み上げてきます。

この日は、ここで盛りだくさんのイベントが行われていました。

タレントさんや、選手のトークショーを見たり、トラックをひたすら走ったり、皆さん、思い思いに最後の競技場を満喫していました。

最後という事で、天然芝のターフにも入ることができました。

そんな中、有森裕子さんが登場しました。

みんな気持ちが上がらないわけがありません。

私もアドレナリンが最高潮になり、

大人気なく、ジャンプ!

ステージでは、宗兄弟、瀬古さんなどもトークで花を添え、国立競技場に対する想いを語っていました。

手入れの行き届いた、天然芝は本当に気持ち良いです。

名言「自分で自分の事を褒めてあげたい!」

レジェンド、有森裕子さんと記念撮影!

ありがとうございました。

【つづく】

Happy Birthday !

今日は、あるJリーガーの誕生日!

毎日が闘いの日々を送っている選手には、誕生日など全く関係ありません。

結果が全て!

結果以外は何も評価されない!

そんな過酷な世界に身を置いている選手の側にいると、時に気の毒に思えて来ることも正直あります。

プロのサッカー選手を目指している少年達の何万分の1しか入る事が出来ない世界。

そこでプレーできる事に感謝して、ワンプレーワンプレー、一日一日を全力を尽くして行くしかないのです。

選手生活を続けている限りは!

そんな選手に私がしてあげられる事は、このくらいのことしかありません。

誕生日の記念すべきパーソナルトレーニング!

最後は、加圧サイクルトレーニングで締めました(^^)

今年一年が、素晴らしい年になる事を祈っています。

White horse

今日、仕事の帰りに秋葉原の駅前を歩いていたら、何やら人集りが出来てました。

近づいてみると、なんと白馬がいるではないですか!

もしかして、作り物?

いやっ、本物です。

来週の日曜日に開催される「安田記念」のキャンペーンイベントでした。

それにしてもこの白馬。子供達が触っても、イベント中、ず〜っと大人しく立っていました。

エライなぁ!

と、ここまで騙されていた私。

実は、馬ロボットだったのです!(◎_◎;)

私は、20〜21歳まで、北海道の競走馬の生産牧場と育成牧場で働いていました。

競走馬には、こんなに大人しい馬はおりません。

カメラを向けると、ちゃんと目線をくれました!

なんて良い子なんでしょう(^^)

そして、馬上のお姉さんの美しいこと!

私も、もう何年、馬に乗っていないのでしょうか。

調教師時代の事が、走馬灯のように頭の中を巡りました。

6月3日(日)は、安田記念です。

皆さん、東京競馬場へ行きましょう!

日本の中心で!

日本の中心にやって来ました!

生きとし生けるもの万物に生命力を与える

「生島大神」

生きとし生けるもの万物に満足を与える

「足島大神」

この二神が祀られ、摂社(下社・下宮)には諏訪大神が祀られる、元日本の総鎮守!

生島足島神社です。

夏至の太陽の光は信濃国分寺を通り

「大地」を御神体とする生島足島神社(いくしまたるしまじんじゃ) の泥宮を通って、

背後に山を抱いた別所温泉へと導かれ、

太陽エネルギーが集約され、

環境学・風水的に

「龍脈を背負い、その中心である龍穴に位置する」理想の地形に存在し

大地のパワーを蓄えているそうです。

鳥居を潜り、境内に入った瞬間に、ここは何か違うと感じました。

御神体が「大地」

地球上の万物が大地から生まれて来たものである事は言うまでもありません。

私達の肉体は全て食べた物で出来ています。

その食べ物は、大地から生まれて来た物ですので、私達は大地そのものと言えると思います。

健康にせよ、仕事にせよ、「七苦」にぶち当たった時、

私達人間が努力して解決できる事は、ほんの数%です。

この世に生を受けて、物心ついた時から現在に至るまで、

身につけた知識などで、「七苦」から離脱する事は不可能に近いのです。

パーソナルトレーナーという仕事をして10年くらいになりますが、

私の元に来られる方は、

何かを乗り越えようとしていたり、

苦難から脱出しようとしていたり、

長いトンネルから抜け出そうとしている方がほとんどです。

そんな、お一人お一人が「七苦離」をされて、

幸せな人生を過ごして行けるよう、

日本の中心で祈りました。

参拝の後は、大地の恵みを頂く事に(^^)

信州蕎麦の草笛 上田店

草笛は、本当に美味しいです!

ご馳走様でした!

略してダントレ①

お待たせしました。

ダンサーの為のトレーニング!

第一回目は、足首から行ってみたいと思います。

バレェダンサーなど、カーフレイズの状態でパフォーマンスを行うことが多いのですが、単純につま先立ちになるだけではなく、片脚立ちでキープしたり、ジャンプや着地、回転運動に繋げていくための安定性もかなり重要な要素になってきます。

単純に上下動が出来れば良い!という訳ではないのです。

今回は足首を思い通りに動かすことが出来、体幹や上肢まで連動させる為のトレーニング法をいくつかご紹介します。

シングルレッグレイズ&カーフレイズ

片脚を上げてキープします。

この時に軸足の踵は最大限に上げます。

振り上げ脚を上げれば上げるほど、軸足の膝関節が屈曲方向に逃げますので、しっかりと伸ばしてキープするのがポイントです。

応用編

高重心になれば、さらに足関節のスタビリティが強化され、つま先の力を体幹や上半身への連動性強化につながります。

シングルレッグ・スーパーヒップリフト

足関節の底屈力を最大限に強化できるエクササイズです。

底屈とは、つま先立ちになる足首の動きです。

台に足をかけた状態ではなくお尻を高く上げようとすれば、自ずと足首を伸ばす方向に力が加わります。

足底筋〜ヒラメ筋〜腓腹筋〜ハムストリングス〜臀筋群〜脊柱起立筋群への連動強化になります。

ワイドスタンス・ハイライズデッドリフト

足関節は股関節や膝関節の屈曲時に伸展しづらくなります。

応用編

バイパーを使用します。

バイパーを使って、屈曲局面時に、前方で支持する事で、重心を後方で耐える為に、さらに腓腹筋・ヒラメ筋に負荷がかかります。

ピッチャーズ・トゥータッチ系

ダンスの世界では、このような動作をアラベスクと言ったりしています。

地面でも行うのですが、今回は台に乗った状態で行なっています。

ポイントは、台につま先だけかけて、踵は宙に浮いている状態で行うことです。

体を地面と水平に移行した時、踵が床に着きたくなるのですが、そこに床が無い為にヒラメ筋・腓腹筋にかなり負荷がかかり続けます。

かなりキツいトレーニングになりますが、ダンスパフォーマンスを向上させるには、効果的なエクササイズです。

ダンサーにとって、足首はかなり重要だと思います。

パフォーマンスだけではなく、膝や股関節、腰の障害予防にもつながります。

ご参考になれば幸いです。

強打者に成る為のトレーニング①

野球のバッティングを向上させる為に、技術練習以外にどの様なトレーニングを入れて行けば良いのか!

私なりにとりあげてみたいと思います………が、が、が、あくまでも私の備忘録として残す目的が主なので、事細かな、エクササイズの説明や方法は記しません。

バッティングに必要な【上肢・肩甲帯・体幹回旋筋群】トレーニング

バックハンド・エクステンション

フォアハンド・フライ

ツイスト&ワンハンドロウイング

トランクローテーション

さて、これは何をやっているのか?わかりますか?

名付けて㊙トレーニング

このようなレジスタンストレーニングを行った後は、実際にバッティングを行い、効果や意識付けを必ずやりましょう!

太陽と大地の力

タイトルを変えましたが、

昨日の続きです。

薬師の湯に到着しました。

今回は、ここには入りませんでした。

近くに薬師の湯の足湯があります。

さらに、源泉が出る洗い場があるのです。

何という贅沢!

どちらかといえば、

観光客よりも地元の方が使っているのではないでしょうか。

こんな素晴らしい源泉を自由に使えるなんて、何という幸せ!

ここに住んだらみんな健康になってしまいますね。

街中に、この様な洗い場が13ヶ所もあるそうです。

温泉とともに生きてきた街という感じですね。

そして、もう少し坂を上った所にある「石湯」に入ってみることにしました。

ここにも入口には、飲泉所があります。

これまで紹介して来た3ヶ所の外湯「大湯」「薬師の湯」「石湯」は、150円で入れます。

銭湯より安いですね。

「石湯」はこんな感じでした。

ちょっと温泉ぽい風情が感じられますね!

そして、もう一つのオススメスポットがこちら!

「ハレterrasse」

美味しい手作りジェラートのお店なのです。

とてもお洒落な雰囲気の店内で優雅にジェラートを味わう事が出来ます。

私は、チョコミントを頂きました(^^)

ご馳走様でした!

さて、最後に向かったのは、ちょっと規模の大きな総合温浴施設です。

日帰り温泉「あいそめの湯」

こちらにも入口前には足湯があります。

中も、広々として大浴場や露天風呂、岩盤浴など充実しています。

レストランやお土産なども売っているので長時間のんびりと過ごす事が出てきます。

写真は撮れなかったので、スイマセン。

なお、こちらの施設には「福祉風呂」があり、障害を持たれた方も入浴出来るようになっていました。

どなたも入っていなかったので、見学の許可を頂きました。

脱衣所まで、車椅子で入られるようになっていて、トイレや簡易ベッドもありました。

浴槽や洗い場もしっかりした手摺りがあり、

介助する方にも使いやすい仕様になっていました。

お体に不具合がある方にこそ、

この良質の温泉に浸かって頂きたいので、

本当に素晴らしい施設だと思いました。

さて、なぜ、別所温泉が「七苦離」なのか!

調べて行くと、ここは太陽と大地の聖地温泉と言われている事もわかりました。

夏至の太陽の光は信濃国分寺を通り「大地」を御神体とする生島足島神社(いくしまたるしまじんじゃ)、泥宮を通って、背後に山を抱いた別所温泉へと導かれ、太陽エネルギーが集約され、環境学・風水的に「龍脈を背負い、その中心である龍穴に位置する」理想の地形に存在し大地のパワーを蓄えているそうです。

詳しくは、

太陽と大地の聖地「別所温泉」HP

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

http://www.bessho-onsen.jp

ここまで知ってしまうと、やはり生島足島神社に行かないわけには参りません。

ということで、参拝して参りました。

この報告は、また後日!

七苦からの離脱法

今日は、信州最古の温泉と言われている別所温泉にやって来ました。

かつて日本武尊が7ヶ所に温泉を開き「七苦離の温泉」と名付けた伝説から「七久里の温泉」と呼ばれています。

人間の宿命とも言うべき七苦から離れられるという有り難い温泉です。

七苦とは、生、老、病、死、愛別離苦、怨憎会苦、求不得苦の事です。

最近、私の周りの人も、道行く人も、みんな苦しそう。

一生懸命に生きて行く事は良い事だと思います。

でもその生き方や境遇が苦しかったら、あまり良いとは言えないのです。

一生懸命やって良い結果を出す事と、苦しんで良い結果を出す事とは違うんです。

苦しまずに楽したって良い結果は出せるのだと私は思っています。

「今は、ノンキに温泉になんか浸かっている場合ではない!」

な〜〜んて言っている方には、是非、読んで頂きたいのです。

別所温泉には、公共浴場が三ヶ所ありますが、

ここは、そのうちの一つ、「大湯」です。

中の雰囲気は普通の銭湯といった感じです。

泉質は、単純硫黄泉。飲用にも適しています。

別所温泉や戸倉上山田温泉は単純硫黄泉なのですが、とにかく発汗作用が凄いです。

そして体が芯まで温まり、入浴後も湯冷めしません。

湯冷めどころか、しばらく汗が止まらない状態になります。

当然、喉も渇きますので、温泉を飲みます。

少し硫黄の臭いがしますので、

苦手な方もいらっしゃると思いますが、

このサイクルを繰り返すことで、体液が入れ替わりかなりのデトックス効果を実感できます。

そして、善光寺とセットでの参拝が推奨されている北向観音があります。

善光寺が来世の利益、北向観音が現世の利益をもたらすということで善光寺のみの参拝では片参りになってしまうと言われています。

そして、こちらの手水舎も温泉でした。

冬場に神社仏閣を参拝する際、冷たい水でお清めするのは辛いですが、温泉だと寒い日でも心地良いですね(^^)

作法で口をゆすぐ時も飲んでしまいそうです。

ななくりの湯にやって来ました。

こちらには足湯と、湯かけ地蔵さんがいらっしゃいました。

しっかりと源泉をお地蔵さんにおかけして、お参りさせて頂きました。

やはり、七苦離(七苦からの離脱)は大事ですから、有り難く足湯にも浸からせて頂くことに致します。

これがまた、気持ち良いのです。

本当にいいお湯ですねー。

写真では、なかなか伝わらないのが残念ですが、皆様にも、強く強く別所温泉をオススメ致します。

数々の伝説が残されている別所温泉。

この地に降り立った時から、ここには何かがある!と感じていたのですが、

この後も、次から次へと色々な事を知る事になりました。

ここは、もの凄いパワースポットなのです。

やはり、今回も一回では伝えきれないので!

【つづく】