先日、

1月30日の東京新聞夕刊に出た記事。

記事はコチラ

川崎市を中心に、

「政治は暮らしに直接結び付いている」と感じた主婦や会社員らが、

政治の身近さを呼び掛ける取り組み

「ミディアムレア・プロジェクト」が始動しました。

その第一回目のイベントが、

昨日、開催されました。

どこに行くの? 日本の今を知ろう vol.1

「くらしとセイジ」

私のクライアントでもある

武井由起子弁護士。

今回、

実行委員として参加しているという事で、

イベントを拝見させて頂きました。

実際に、どれくらいの方が集まって下さるか、不安の中でのスタートだったそうですが、蓋を開けてみたら、立ち見も出るほどの大盛況。

最初は70名くらいを想定していたらしいのですが、170名以上集まりました。

配布資料も足りなくなるほどでした。

イベントは、

アラン・ドゥ・アルー監督のドキュメンタリー映画

「Beyond The Waves」の上映会と、

主演の山本太郎参議院議員のトークショーでした。

これだけの人が集まるというのですから、

いかに今の政治や将来の暮らしに不安を持っている方が多いかが分かります。

それもそのはず、

今の政権がやっている事は、デタラメばかり!

森友、加計問題など、戦略特区では、自分のお友達だけを優遇。

働き方改革とやらで、入管法も改悪しました。

残業代0法案なんか

これも一部の大企業を儲けさせて、働く人々には還元せず、企業が労働者を奴隷のように徹底的に安く使い倒す為の法案です。

戦争関連の法案は、全てアメリカさんの為だし、

我が国の国民をこれだけ大事にしない政権は今まであったのでしょうか?

これから、消費税をさらに10%に上げる!

今までも、上げる度に、

「消費税率の引き上げ分は、全額、社会保障の充実と安定化に使われます。」

な〜〜んて、

嘘八百を並べたポスターを貼って、

国民の理解を求めて来たわけですが……。

社会保障の充実に使われたのは、16%。

充実と安定化を合わせても、55%。

一方、

ここ5年間で社会保障費を3兆4500億円以上削っています!

こんな事ですから、

私たちの不安要素は増えるばかり!

実際には、

消費税を上げた分、大企業の法人税を安くしているので、税収は変わっていない!

つまりこれも、

大企業を優遇して、その分、市民から巻き上げようという政策です。

ましてや高齢化社会になって来て、定年などで年金暮らしをしている高齢者から所得税はほとんど取れない。

だったら消費税で取るしかないじゃないか!

消費税の負担は、低所得者になればなるほど、重くのしかかってくるのです。

こうなる事は前から分かっていましたが、

無関心の国民も悪い!

と思って諦めていました。

何で、みんな文句を言わないのだろう?

消費税が5%から8%に上がってから、主婦のスーパーでの買い物が、平均で一品少なくなったと聞いたことがあります。

当然、食卓も淋しくなりますし、経済損失も結構大きいのです。

きっと、10%に上がっても、増税分は私たちには返って来ません!

今回、日本の将来に不安を持っている方がこれだけ集まったということは、少し希望が見えて来たかもしれません。

願わくば、もっと若い人たちに来て欲しい。

だって、君たちの将来なんだから!

自分に票を入れて国会に送り込んでくれた67万人の人との約束を絶対に裏切らない!

彼こそ、真の政治家です。

彼は議員になってからも、周りに、自分の事を先生とは呼ばせません。

彼は、かつて私の教え子でした。

今だに会うと、先生と呼んでくれます(^^)

これからも、苦しい生活を強いられている国民のために頑張って欲しい!

私の誇りですね!

そして、

ミディアムレア・プロジェクトの皆さん。

私は関係者でないにもかかわらず、懇親会に呼んで下さり有り難うございました。

素敵な皆さまとの出会いに感謝!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です