最近、身の廻りの物を頑張って断捨離している私です。

実際に使わなくなったり、着なくなってしまった物でも、

まだまだ使用に充分耐え得る物も、たくさんあります。

思い切って断捨離をするには、

「勿体ない」という心も

捨てなければなりません。

「勿体ない」があると、

結局、棄てられなくなってしまうのです。

私は貧乏性かもしれませんが、

かなり勿体ない感覚があるのです。

そんな棄てられない族にとって、リサイクルショップは有り難い存在です。

今日は、

着なくなったスポーツウェアをリサイクルに出しました。

古着屋さんに持って行っても大した金額にはなりませんが、

捨てるにはやはり忍びな思いがあります。

持っていく手間はかかりますが、

それが誰かの役に立ってくれたら嬉しいですし、

今までお世話になった衣類への感謝を示す事にもなるのかな!

スポーツバッグ一杯に詰めて、持って来ました!

受け付け番号は、26番。

しばらく店内をウロウロしながら査定を待ちます。

私は、普段、古着屋さんで買い物をしようとは思いませんが、多くのお客様が買い物に来ていました。

やはりニーズがあるのですね。

着物のコーナーもありました。

様子を見に行くと、私の査定が始まっていました。

実は、私の持ち込んだ衣類は値札が付いている物が殆どで、一度も袖を通していない新品ばかりなのです。

これには店員さんもビックリしていました。

書籍や雑誌などに使う衣装に準備していた物で、結局撮影で使わなかった物も多いのです。

「全て重量で金額を決めるので、古着でも新品でも値段は変わらないのですが、大丈夫ですか?」と

店員さんの優しいお気遣い(^^)

ありがとうございます!

全部で、645円になりました。

みんな〜!新しいご主人の元で頑張るんだぞー。

元気でね〜!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です