高血圧の方が

万座温泉に来ただけで血圧が下がる!

という話しをよく耳にします。

万座温泉に到着すると至る所から硫黄の匂いがプンプンしてきますが、

この臭い、硫化水素を吸い込むと血管が拡張し血流が良くなるのです。

その結果、老化と共に塞がってしまった毛細血管が拡張して、細胞の隅々まで酸素や栄養が届くようになります。

また血液に溶け込んだ硫化水素が全身を巡り、細菌やウィルスを除去する効果や、体温を上昇させる効果もあると言われています。

◾️ケイ素浴サウナ

低酸素下で運動をすると、体はより多くの酸素を吸収する為に、肺の毛細血管や赤血球を増やします。

血液もどんどん作られる事で新しい血液に生まれ変わっていきます。

血液を作るには、タンパク質や鉄分などの栄養素が必要になってきますが、中でも“ケイ素”というミネラルが重要なカギを握っています。

ケイ素は、血管・骨・関節・皮ふ・毛髪・歯・爪など私たちの身体のあらゆる細胞に含まれている必須ミネラルで身体の生命活動を支える働きをしています。

しかし残念ながら、ケイ素は体内で作ることができません。

食品などで摂取するしかないのですが、最近は環境汚染などで土壌が劣化し、野菜などに含まれるケイ素も少なくなって来ているのが現状です。

ところが、万座温泉はケイ素の宝庫!

湧き水や温泉、大気中にもケイ素が多く含まれています。

また日進館には、

ケイ素の働きを活性化させる《ケイ素浴サウナ》を設置しています。

10~15分程度の入浴でケイ素が活性化し、

血液に活力が出てきます。

MANZAPでは、

このケイ素浴サウナにも皆さんに入って頂き、血液をサラサラにして頂きます。

血液や細胞一つ一つ、

ミクロの世界からカラダを作り変えてしまうのが

MANZAPです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です