今回、

スーパーダイエット合宿プラン《MANZAP》が、

成功した要因の一つに

血液の改善があげられます。

MANZAPでは、

ご自身の血液を観察する所から

講義がスタートしました。

カラダに不具合が生じて病院に行くと、

まず血液検査をすると思います。

それは、

血液の状態で、大抵のことが把握できるからです。

血液は、カラダの鏡なのです。

普段、私たちは、

尿や便を観察して、

体調の指標にしていると思いますが、

血液を顕微鏡で観察することは

滅多にありません。

今回、

MANZAPに参加された皆さんは、

ミクロの世界で、

私たちの生命活動を支えている知的生命体・ソマチッドの姿を見ることで、

その働きや存在自体を知ることができました。

この事は、

後の人生に大きな意味を持つと思います。

ソマチッドの数が多く、活発に動いていれば、健康を保つことができます。

ソマチッドの数を増やし、活性化するには、ケイ素という物質が必要になります。

今回、

生後7ヶ月の赤ちゃんの血液を見ることが出来ました。

ソマチッドの数が半端ではないのです。

赤ちゃんは、普段から、

カラダに良い物しか食べていませんし、

日頃、不摂生もしませんから、

当然といえば当然なのですが、

大人も目指すべきは、この血液なのです。

今回、

MANZAPを受講された皆さんは、

学んだ内容をしっかり実践して、

健康で豊かな人生を歩んで頂きたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です