アンケート

4月15日〜19日に開催した

 

第1回スーパーダイエット合宿プラン

《MANZAP》

参加して下さった皆さまから、

その後、メールなどで、“運動を続けている”など、嬉しいお知らせをたくさん頂いています。

今回、アンケートにもご協力頂いたのですが、匿名にてご紹介させて頂きます。

【女性】

普段運動不足なので今回、マンザップ合宿プランに参加させて頂きました。一日目の講座はたいへん興味深く学ばせて頂きました。温泉の入り方、そしてソマチッドのお話、初めて知ることばかりでした。こういうことを知った上で温泉に入ると温泉効果も一段とアップするように思います。二日目のマンザップは地獄のような苦しみでした。もうヘトヘトになってしまって、いかに自分の身体が筋肉の失われた身体になっているかを思い知りました。お昼のスムージーは最高においしかったです。三日目のスノーシューも初めての体験で雪の中を登ったり下ったり、歩き抜くことができ、また雪山の自然にもふれることができてとても楽しかったです。午後再びマンザップエクササイズ。昨日できなかった事ができるようになった喜びはひとしおでした。この日もお昼にスムージーの別バージョンを頂き身体にしみわたりました。あっという間に三日目を迎え、筋肉量がわずかですがアップしてとても嬉しいです。日頃の生活習慣に流されず、自分を鍛えていきたいといいう思いはつのるばかりです。実行しなければ意味がないことはわかっているのですが、、、。マンザップ合宿に参加して本当に良かったです。有難うございました。

【女性】

まず四日間、日進舘のスタッフの皆様、そして齋藤先生には大変お世話になりありがとうございました。私はひとりでの参加も初めての経験でした。MANZAPスケジュールを拝見した時は不安いっぱい   ・・・・でもそんあ事ありませんでした。エクササイズは決して楽なものでは、ありませんでしたが皆で乗り切った時の爽快感は特別なものでしたし、スノーシューも初めての経験!自然の中でとても気持ちよく楽しかったです。又、是非機会があればマンザップ参加させて頂きたいと思います。

【女性】

日頃、体力の無さを感じていて、筋力をどうにかしないとと、ずっと思っていました。

そんな時、このプログラム、温泉、運動、食事と3つそろったプログラムを見つけて、参加を決めました。

運動に参加して、特に、太ももの筋力のなさを感じましたが、そのトレーニングの仕方は、とても参考になりました。

又、食事のとり方も、テレビなどでも見ていて知っていましたが、実際に、そのやり方をするというのも、新鮮でした。

健康は、この3つがそろってこそだと思うので、又、機会があれば、参加したいと思います。

【男性】

予想(ホームページのプログラムを見て)していたより、良かった!!

運動、マンザップ、屋外のハイキング、スノーシューのいずれも記憶に残る程大変良かったです。

運動不足の意識はありましたが、それを実感でき、明日からも少しずつでも続けていきたいと思っています。

楽しく過ごせたのもなによりでした。

感謝です!!

再度、参加させていただきたいと思っています。

食事では、スムージーが大変おいしかったです。

定番であればうれしいです!!

筋力量アップはカンゲキ!!

【女性】

運動していた時はつらいと思ったけど、終わったらすっきりしました。メニューに雪の散歩が書いてあったら、ちょっと申し込んでいなかったかもしれませんが、わからなかったので参加できました。あんなところに行けると思ってなかったので、とても楽しく、自分でもあれだけ歩けることがわかって、おどろきました。

スムージーも大変おいしくて、さらに運動后の夕食が大変おいしく感じられました。ありがとうございました。

【男性】

家内のダイエットにつきあい参加したが、結果として自分の筋力不足や呼吸法がうまくできていなかったことを思い知らされた3泊4日であった。

間食なし、アルコールなしという食生活をどこまで維持できるか、又、筋力アップのトレーニングを続けてみたいと思います。

運動のあとの温泉、食事は大変満足できたプログラムでした。

【女性】

呼吸・運動の大切さを知りました。

出来なかった事が出来るようになった喜び……

まだまだ自分はすてたものではないと自信がつきました。

有りがとうございました。

【男性】

花粉のシーズンは毎年運動不足になってしまうのですが、スポーツクラブに行くのも面倒な日々を過ごしていました。日進館チャンネルを見て、このイベントを知り、参加しました。

令和を迎えるに当たり、体調管理、体質改善を図り、少し生活習慣も変えるきっかけになりそうです。

【女性】

大変お世話になり、ありがとうございました。

運動によって健康になることを信じて参加させていただきました。

ハードなプログラムもあり、ついていけるかなと思いましたが、ご一緒に参加された皆さまが、頑張ってらっしゃるエネルギーをいただき、齋藤先生の適切なアドバイス、ご指導で、終了後は、心地よさが感じられました。今まで感じたことのない心地よさです。身体も初日より楽になりました。本当にありがとうございます。感謝でいっぱいです。

帰宅してからも、学んだことを実践していきます。全部はできないとしましても、一つ、二つ、女将さんのマクロビオティックもがんばります。また参加したいです。スムージーもとても美味しかったです。

皆さま、本当に有り難うございました。

今回お伝えしたことが、

皆さまの健康維持・体力向上に、

少しでもお役に立てば幸いです。

さらば、松葉杖!②

昨年の8月に、

万座温泉日進館でご縁を頂きました典子先生。

お会いした時は、松葉杖をついていらっしゃいました。

その時の記事は、こちら

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

さらば、松葉杖!さらば、ギプス!

GWも、万座温泉日進館にお越しくださいました。

その後も順調に回復しているようで、

今回は長距離の歩行訓練をする事にしました。

日進館をスタートして、

長野県方面に向かって歩きます!

このコースは、一年のうち、ほとんどが雪に覆われて通行止めになっています。

雪が溶けて開通すると、陸上選手やサイクリングの絶好の練習場所になります。

交通量も少ないので、ウォーキングをするにもとても良いコースです。

日進館から、3.3km地点。

折り返しての、6.6kmを、90分以内でゴールする事にチャレンジしました。

国道の周りは、万座ならではの風景を楽しむことができます。

浅間山も、姿を見せてくれました。

ところが典子先生、

登り坂で、息が上がってしまい、

浅間山や風景など、どうでも良い!

という感じでした(^^)

ちょうど、

45分で折り返し地点に到着しました。

ここは、本当に日本か?

と、

思えるような

絶景が広がります!

次回のMANZAPでも

皆さまをお連れしますので、

楽しみにしていてくださいね。

まずは、

こちらで記念写真!

今回は、

ご主人様も同行されています。

このように素晴らしい風景を目の当たりにすると、ウォーキングの疲れも吹っ飛んでしまいます。

天気も良くて、

本当に気持ち良かったです。

写真では、分かりづらいのですが、

私のすぐ後ろは断崖絶壁です。

写真を撮る時は気をつけましょう!

遠くに見えるのが、横手山です。

さて、帰路につきます。

黙々と荒野の中を歩き出す典子先生!

この後ろ姿に、

勇ましさを感じますね。

そして、

1時間31分15秒

日進館に到着しました。

データは、こんな感じです。

歩行距離 6.662km

時間 1時間31分28秒

平均ストライド幅 61cm

歩数  10,713歩

消費カロリー  295kcal

お疲れ様でした(^^)

高地トレーニング合宿

標高1800mの万座温泉には、

多くのアスリートが

高地トレーニング合宿を行います。

このGW期間中も、

試合を一週間後に控えた、

某高校&中学生の陸上チームが合宿に来ていました。

今回、監督からのご依頼で、

全体への講義と、個々へのアドバイスをさせて頂きました。

中高生アスリートを見ていて、いつも思う事は一緒です。

ズバ抜けた才能を持っている選手はたくさんいるのですが、技術的な練習に殆どの練習時間を割いてしまい、コンディショニングや、ベースのアップを行なう時間が無く、結局、怪我をして結果が伴わないケースが多いのです。

こう行った面を変えていかないと、

学生スポーツから良い選手は育たないと思います。

難しい問題です。

Back Shot!

GW真っ只中!

皆さま、いかがおすごしでしょうか!

令和という時代が、どんな時代になるのか?

期待と不安が交錯します。

出来る事は、誠意を持って、一日一日を大切に生きて行くことしかありません。

日進館では、

GW恒例のイベントが行われていました。

おやつタイムの汁物サービス!

お客様に、配っているのは、

日進館の社長と女将です。

お客様、お一人お一人に声をかけながら、

スープをお渡ししていました。

これからの令和という時代に、

この明治6年創業の老舗旅館・万座温泉日進館を牽引して行く二人。

社長は7代目だそうです。

二人の後ろ姿から発せられるオーラが眩く、力強さと大きな愛を感じて、

思わずシャッターを切ってしまいました。

たぶん私より一回り以上若いのだと思いますが、

本当に頼もしいです。

私も、あと何年くらい修行したら、こういう後ろ姿になれるのだろうか!

生まれ落ちた時点で、すでに違うのかもしれない!

など、

思いを巡らせました。

令和も始まったことですし、

少しでもお二人に近づけるように頑張っていこうと思います。

皆さまにとって、令和という時代が素晴らしいものになるよう祈っています。