自分だけのマスクを作っていた時は、

マスクその物のクオリティーを追求して

ひたすら作っておりました。

皆様のお手元に届けるとなると、

パッケージや、

使用上の注意書き、

説明文などの事も考えなければなりません。

またこれも、

楽しい行程ではあります。

かと言って、

マスク自体もまだ改良しようとしております。

ゴールはいつになるのでしょうか?

なぜなら、

作れば作るほど、

新たなアイディアが出てくるのです。

張替さんも私も、

納得するまで一切妥協しないですから^ ^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です