今夜、

池袋駅西口広場が埋め尽くされた!

都内には、

コロナで職を失い、家賃が払えず、

駅の構内で寝泊りする人たちが急増しました。

10万円と、マスク2枚で生き延びれますか?

しかも、その10万円すら、

私の手元には、

まだ入っていません。

アルバイトが無くなり、

学費を払えなくなった学生が、

大学を辞めなければならないケースも増えました。

経営が立ち行かなくなって、

やむなく閉店した飲食店は数知れず!

突然、解雇になって職を失った人も数知れず。

せめて、

休業に対する協力金が

速やかに支払われていれば、

なんとか持ち堪えられたかもしれない。

しかし、

手続きが煩雑すぎて、

いつまで経っても申請できず、タイムオーバー。

創業何十年の名店が惜しまれながらも、

店をたたむニュースを何度も目にした。

これまで、順風満帆に健全経営を続けてきたお店や企業が潰れてしまう。

異常事態です。

東京アラートだの、ステイホームだの、「蜜」を避けましょうだの、都民にお願いだけして、

「今日の感染者は何人を超えました。」

「今日は、何人に増えました。」

と、

いかにも

都民の努力が足りないような口調でしか物も言えず、

実際に自粛したせいで、

職や店や住まいや家族を失った人に対して、

一切手を差し伸べようとしない。

そんな都知事はいらないんです。

彼は、

次の衆議院議員選挙に出る準備をしていたんです。

でも、

新型コロナの影響で、

窮地に追い込まれている人たち、

行政から見捨てられた人たちを、

今、救わないわけにいかないと、

立ち上がってくれたんです。

今回の都知事選の候補者で、

これほど都の資産や財政を調べ尽くし、

的確な政策を掲げて、

立候補したのは、

山本太郎だけです。

東京都8つの緊急政策

現在、

先が見えず、

苦しんでいる方も多いと思います。

崖っぷちに立たされている方も多いと思います。

悲しいかな、

現都知事は、自分の保身と利権にしか目が行かず、苦しんでいる人の事など考えていません。

そんな世の中で、

山本太郎は、一条の光だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です