子供の頃、

イチゴのショートケーキとモンブランがあって、

好きな方を選んで良い時に、

私は迷わず、

ショートケーキを選んで来ました。

大人になってからは、

チョコレートケーキや、レアチーズケーキ、など、大人チックなケーキの存在を知って行くことになるのですが、

どんなに選択肢が増えても、

人生をかけて、

ショートケーキを選んで来ました。

ところが、

その歴史を覆えすような事件が起きたのです。

事件が起きたのは、

信州 里の菓工房

店員のお姉さんが、

何やら黄色っぽい物体を出して来ました。

これは、

里の菓工房秘伝の栗ペーストです。

それを機械に入れます。

お姉さんがレバーを引くと!

うわーっ!

土台のメレンゲと生クリームの上に、

栗ペーストのゲリラ豪雨だ〜〜〜!

ラーメンじゃないんだから!

みるみる大きくなっていきます。

どこまで行くんだ〜!(◎_◎;)

完成したら、この大きさです!

普通のモンブランの

3個分はありますね〜。

とても一人では食べきれません。

しかし、

新栗を使い、

極限まで甘さをおさえたモンブランは、

栗そのものの甘さだけという感じで、

甘いのが苦手な私でもペロリ!

もう二個くらいなら行けそうな感じです。

また長野で、

知ってはいけない味を

知ってしまいました。

56歳は危険な年になりそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です