あらら!

今年の冬はインフルエンザが流行するので、

インフルエンザワクチンを接種しましょう!

だって!

世界的に、

新型コロナからインフルエンザへの方向転換が行われ始めました。

先月までは、

変異株が猛威を奮っている!と、

ニュースで言いまくっていたのに、

今月になったら、変異株はどこへ行ってしまったのかしら?

まったくニュースにも出てきません。

そもそも昨年、

インフルエンザの感染者が出なかったのは何故か?

記憶力の優れた皆さんでしたら覚えていると思いますが、

「新型コロナの流行で、マスク、手洗い、うがいをするようになったので、インフルエンザにかからなくなったのです。」

と、厚労省の専門家は言っていたのです。

今でもマスク、手指消毒、うがい!

ず〜っと感染対策は変わらず続けているじゃん!

それなのに何で今年はインフルエンザが流行るのよ〜!

医療関係者に聞いてみました!

やはりそこには、

製薬業界の利権があるのです。

最近、

ワクチンパスポートの話題がニュースを騒がせていますが、

ワクチンパスポートの目的は、何でしょうか?

表向きは、経済活動を再開させる為です。

本当の目的は、ワクチン拒否をしている人に打たせるためです。

そしてより多くのワクチンを売って儲けたいのです。

ところが、

ワクチンパスポートがあろうと無かろうと、

職場をクビになろうとも、

打たない人は絶対に打ちません。

世界中でデモも起きています。

かと言って、

すでに二回接種している人に、3回、4回と打たせるのは、かなり危険であることもわかって来ました。

では、どうするか?

インフルエンザワクチンに変えれば良いわけです。

人口の約半分は、ワクチンを打つのが大好きな人たちです。

新型コロナのワクチンも、早く打ちたい、早く打ちたいと、望んで、二回接種をしました。

絶対に打たない人に、どうやって打たせるかを考えるより、

打ちたい人に、どんどん打って貰う方が楽だし儲かるんです。

政府や行政、マスコミが、今年はインフルエンザですよー。と、

プロバガンダを流せば、

すでに二回接種を終えている人は、われ先にとインフルエンザワクチンも打つでしょう。

打たない人は、コロナだろうがインフルだろうが、絶対打ちませんから!

商売の基本ですね。