ちょうど一年!

2018年3月31日に公開になった映画

「ANIMAを撃て!」

公開から今日で一年が経ちました。

監督・スタッフや出演者の皆さん、お元気でしょうか?

この作品を撮影していたのが、2017年の5月頃だったので、もう二年が過ぎようとしています。

実は、撮影中にチラリズムで、こちらのブログで載せています。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

まるで試合会場のような!

公開から一年経ちましたので、裏話等を少々!

伊藤プロデューサーから突然電話があり、

「今、映画の準備をしているのですが、主演の女優が、リハーサルで体が厳しい状況になってしまい、一度診てほしい。実は、ダンス物の企画なんだけれど、撮影中もかなりハードなので、出来れば現場にも付いてほしい。」

との依頼でした。

内容は、ダンスを通じて、主人公の女性が成長していく姿を描く作品。

和製「フラッシュダンス」といった感じです。

主演の彩加さんは、セリフよりも踊ってる事の方が多い!と言っていましたが、肉体の限界に挑戦した作品と言えるでしょう。

全撮影日の中で踊らなかった日は、一日だけ!

あとは連日ダンスシーンが続きました。

私は、撮影現場に治療部屋を構えて、ダンサー役の俳優さんのケアを行いました。

ダンサー役には、元々、バレーなど経験のある女優さんが配役されていましたが、プロのダンサーではないので、リハーサルや撮影で連日踊りまくるのは、体にきます!

そんな過酷な撮影も、

楽しそうに皆さん演じられていました。

はるかさんも、

バレエのでソロで、リハーサルからかなり大変でしたが、先生の懇切丁寧な指導などもあり見事に演じきりました。

いつも思うことですが、俳優魂ってスゴいですね。

とても美しかったです!

私にとっても久しぶりの撮影だったので、ロケ現場を楽しませて頂きました。

ロケ弁の時間です。

この日がクランクアップだったのですが、主演の二人が、治療部屋に来て一緒に昼食を取りました。

ここで記念写真

さて、午後も頑張りましょう!

クライマックスに向けてウォーミングアップを開始です。

こういったケアが私の仕事なのですが、実は、本編の中でも主人公のお姉さんがトレーナーで、夜、自宅で主人公をケアするシーンがありました。

ここの技術指導もさせて頂きましたが、

とても上手にやって頂きました。

中村さん、

ありがとうございました。

クライマックスは、

主人公がドラムとのセッションでコンテンポラリーダンスを踊るシーン!

ウォーミングアップも気合いが入ってきました!

衣装に着替え出番を待つ姿(^ ^)

そして最後に、

このステージで見事に演じきりました!

そしてクランクアップ!

私にとって、とても思い出深い作品になりました。

監督ならびにスタッフの皆様に感謝を述べるとともに、

出演者の皆様の

今後のご活躍を心よりお祈り申し上げます。