一年ぶり、SUPER TECに帰って来た!③

イベント広場では、レースクイーンアイドルユニット

D’stationフレッシュエンジェルスのライブが始まっていました。

アイドルを見る為にサーキットに来られる方もたくさんいるようです。

これも一つの文化ですね(^^)

予選は、Cドライバーまでが走行を終えました。

富士スピードウェイもだいぶ日が落ちて来ました。

岡部自動車のピットに向かいます。

ガレージでは、23号車(岡部自動車195MFBネットワークスZ34)がメンテナンス中でした。

走り終えた安宅選手がいました!

色々、ゆっくり話を聞く事が出来ました。

ブレーキを踏み込んだ後にペダルが戻って来ないアクシデントがあったそうです。

予選の採点は、AドライバーとBドライバーの、ベストラップの合計で決まります。

15分間の走行で、7〜8周、コースを回ることになるのですが、

タイヤもかなり磨り減るので、いい状態で走れるのは、せいぜい2周。

そこで、いかに勝負をかけて、ベストラップを叩き出すかに掛かっているとの事。

実は、レースの事をほとんど知らずに来ていたので、とても勉強になりました。

また、一台のマシンを4名のドライバーで乗り繋いで行くので、

アクセルワークやステアリングにしても、

極端な事を行えば、マシンに癖がついてしまい、

後に乗るドライバーが操縦し辛くなる事もあるそうです。

耐久レースの場合。相手との闘いであり、

己との闘いであり、マシンとの闘いでもある訳です。

 

しかも、10時間耐久という過酷なレース。

ピットインの回数をどう減らすか!

タイヤ交換、水分補給等、何を減らして行くのか!

ここが勝負の分かれ目かもしれません。

自分がぶっ倒れるかもしれないけど、交代しないで走る覚悟もあると仰っていました。

 

さぁ、明日に向けてのコンディショニングも終了しました。

明日、納得いくレースをして下さい!

大変なのは、ドライバーだけではありません。

メカニックもレースクイーンも、チーム一丸となって明日のレースに臨むのです。

メカニックのサカナ君。

彼は元々、海洋系の勉強をしていたそうですが、何故か海の男ではなく、この道に進んだそうです。

専門は、深海ザメ。深海ザメの事は彼に聞けばなんでも分かります。

デスクでは、南育子マネージャーが、タイムをチェックしていました。

スコアラーも兼任されているんですね〜。

そして、予選の結果が出ていました。

その後、Bドライバー甲野選手の活躍で、3位通過になったそうです。

流石です!

安宅チームのレースクイーンKAYAさん。

とても笑顔が素敵でした。

そして、岡部自動車195MFBネットワークスZ34を率いる、Aドライバー・安宅光徳選手!

明日、頑張って下さい。

私は、東京から応援しています!

一年ぶり、SUPER TECに帰って来た!②

それにしても、最近は、本当に時間が経つのが早く感じます。


昨年、ここに来たのが、9月3日ですから、ちょうど一年前。

まだ、つい最近の事のように感じます。

安宅さんとも、ご無沙汰してます〜とは言ったけど、一年ぶりという実感はあまりありません。

なんて書きながら、サービスカットを載せています。

皆さま、楽しんで頂けていますでしょうか?

やはり、レースクイーンって、サーキットの花ですね。

ピットウォークが終わると、

岡部自動車の皆さん全員での写真撮影が行われていました。

圧巻です。

来年のカレンダーになるそうです。

岡部自動車モータースポーツの、これからの活躍を期待しています。

さて、私はここで、ピットを離れ食事を取る事に!

やはり、勝つ為にはカツ!

という事で、「デミグラかつ丼」

豚のロースがとても美味しかったです(^^)

メインスタンドに場所を移してレースが始まるのを待ちます。

正面に見えるのが、岡部自動車のピットです。

安宅選手がコックピットを確認しています。

さらに、車両の正面にしゃがみ込み、ゲームプランを考えているのでしょうか?

イメージトレーニングは重要です。

レース前の緊張感が伝わって来ます。

PM12:30を回りました。

安宅選手が乗り込みました。

フロントガラス越しですが、集中力を高めているのが伝わって来ます!

ヘルメットのシールドを下ろしました。

PM12:45 スタート


こうなると、祈る事しか出来ません。


15分の走行を終えて安宅選手がピットに帰って来ました。

スコアボードを見に行くと、ベストラップが、1’53,969

順位が25位でした。

まだまだ、勝負はこれからです!

ガンバレ、岡部自動車モータースポーツ!

ガンバレ、安宅選手!

【つづく】

一年振り、SUPER TECに帰って来た!①

今日は、朝早くから富士スピードウェイにやって来ました。

スーパー耐久シリーズ第5戦 富士SUPER TEC

一年ぶりにやって来ました!

イベント広場からパドックに繋がる地下通路。

岡部自動車モータースポーツのパドックを目指します。

到着しました。

お邪魔しま〜す。

安宅選手のヘルメット発見!

安宅光徳選手が乗るマシンです。

車両名:岡部自動車195MFBネットワークスZ34

メカニックの方たちが準備を進めています。

ところが、肝心の安宅選手は、まだ来ていないようでした。

登場です。

安宅さ〜ん!ご無沙汰しています〜。

なんて挨拶を交わしながら、コックピットを見せて頂きました。

ジャーン!

昨日、テスト走行した時に、マシントラブルがあったようです。

色々、マシンとの微妙な調整が必要だそうです。

南さん、発見〜〜!

しかし、作戦会議中で話しかけられる状況ではありません。

さて、外では恒例のピットウォークが始まりました。

今日も、たくさんのお客さんが詰めかけています。

皆さん、一眼レフに長いレンズを付けて頑張っています。

安宅さんチームのレースクイーン・KAYAさん。

安宅選手も出て来ました。

いつお会いしても、本当に爽やかなこの笑顔!

素敵な選手ですね。

そして、いつものお約束のポーズ!

そこに便乗して、南さん交えての記念撮影!

ハイ、チーズ!

今回のブログも長くなりそうなので、続きます。

【つづく】

2016激戦の記録

スーパー耐久シリーズ ST-3classにNISSAN フェアレディZ34 で参戦している

「OKABE JIDOSHA motor Sport」


レーシングドライバー安宅光徳選手から、

オフィシャルフォトブックを頂きました。

昨年、激戦を繰り広げた皆さんの姿が収められた一冊です。

なっなんと、この中に私の名前も〜〜!

申し訳ないやら光栄やら(汗)????


チームの一員にして頂いた気分になってしまいます。

安宅選手とは万座温泉日進館でご縁が繋がりました。

有り難うございました。

今年、皆様の、さらなるご活躍を期待しています。

頑張って下さい(^^)

スーパー耐久シリーズ第4戦 SUPER TEC 予選 ③

ST-3クラスの予選は、午後という事で、

それまでの間、富士スピードウェイを散策する事に致しました。

とりあえず、朝早かったので、まずは昼食

「カツ焼きそばライス」

ざっと糖質90%

久しぶりにジャンクな昼食を楽しみました。

サーキットでは、すでに別のレースが行われていました。

メインスタンドに来てみました。


正面に、岡部自動車チームのピットが見えます。

そして、こちらが、ヘアピンコーナー。

天気が良く、日差しがかなり強かったのですが、山から吹いて来る風がとても心地良かったです。

とりあえず、記念撮影!


【集中力と戦闘モード】

いつも感じる事ですが、選手が試合会場に入ってから、ウォーミングアップを始め徐々に集中力とボルテージを上げて行き、いざ戦闘モードに切り変わるまでのプロセスを真近で見させて頂けるのは、本当に有り難い事だと思っています。

一瞬で決まってしまう競技と、長時間に及ぶ競技とでは集中力の保ち方やピーキングは異なります。

共通する事は、やはり「条件反射」を上手く利用して、雑念を振り払い無心になる事でしょうか。

いつお会いしても明るく気さくで笑顔が素敵な安宅選手。

レース前、パドックにお邪魔した時も、忙しい時にも拘らず、この笑顔で親切に対応して下さいました。

いよいよ、車に乗り込んだ安宅選手!

やはり、ヘルメットを被りハンドルを握っている安宅選手の表情は全然違います。(当然ですけれど)

そして、スタート!

今日も、新たなプロセスを拝見する事が出来ました。

15分間の走行を終え、安宅さんの14号車がピットに帰って来ました。



安宅選手、お疲れ様でした。

私が、スタントマンをやっていた時もそうでしたが、まず、保険に入れない職業です。

レーサーの場合、小さな怪我は少ないと思うのですが、怪我する時は、本当に命を落としかねない状況になる時です。

もし、集中力が切れて、一瞬でもミスが出れば、それが命取りになってしまいます。

9時間耐久レースともなれば、その集中力を9時間持続させなければならない超過酷なレースと言えます。

そして、レーシングスーツを脱いだら、またこの笑顔!

安宅選手、明日の決勝、頑張って下さいね!

応援しています^o^

スーパー耐久シリーズ第4戦 SUPER TEC 予選 ②

ピットウォークが始まりました。

サーキットではレース観戦以外にも、色々イベントが有り、とても賑わっています。


岡部自動車のレースクイーンの皆さんもスタンバイ!


やはり、サーキットの華ですね。

カメラを向けた時の笑顔が、さすがプロフェッショナル!

レースクイーンの皆さんのお陰で、ブログのアクセス数が増えるかもしれません。

有り難うございました。

せっかくの機会なので、私も、グルッと一周する事に!

何かの取材でしょうか?

レースよりも、こちらが目的で来られている方も多いのではないでしょうか?

カメラ小僧さんも、カメラおじさんも、頑張って撮っています。

レーシングドライバーの皆さんは、レース前、結構ピリピリしているのかと思っていましたが、

和やかな中で、お客さんとの交流を楽しんでいる様子でした。

元レースクイーンの芸能人もたくさんいらっしゃるので、この中にも将来のスターがいるかもしれません。

いかがでしょうか?

楽しんで頂けてますでしょうか?

さて、岡部自動車チームのピット前も大賑わいです。


楽しそうに記念撮影大会が始まっていました。

私も、オフィシャルな感じでドライバーの皆さんを撮らせて頂きました!

そして、その後、ちゃっかり!

私も、入れて頂きました!


岡部自動車の一員になった様な気分です。

本当に、皆さんが親切で、嬉しくなりました。

レーサーって、こんなに爽やかな方ばかりなのでしょうか?

きっと、素晴らしい生き方をされているのだと思います。

レース前に、すっかり楽しませて頂きました。

もう、すでに岡部自動車のファンになってしまった私。

皆さん、頑張って下さい〜〜!

気合いだ〜〜っ!!

もう、一発!おっしゃ〜〜!

【つづく】

スーパー耐久シリーズ第4戦 SUPER TEC 予選 ①

今日は、早朝、5時に起床して、

富士スピードウェイに9:30到着しました。

 

西ゲートをくぐり、しばらく歩くとイベント広場に出ます。

パドックエリアへの入り口が有ります。

ここに入ると地下通路になっていて、階段でで地下へと降りていきます。

そして、通路抜けて行きます

パドックエリアを歩き、20番のパドックへ。

こちらが、安宅選手の所属する岡部自動車のパドックです。

早速、安宅選手にお会いしました。

この車が、岡部自動車KYOSHIN195Z34のフェアレディZです。

スーパー耐久シリーズは、JAFの定める国内競技車輛規則の「N1(量産ツーリングカー)」がベースになっているそうです。

コックピットの中も見せて頂きました。

準備に忙しい中、色々ご案内して頂きました。
本当に有り難うございます。

まずは、スタッフの南さんと安宅選手との記念撮影!

ご縁に感謝です^o^

【つづく】