精神性や心の大切さを世界に!

今日は、さいたまスーパーアリーナにやってきました。

スーパーアリーナのコミュニティアリーナでのK-1の大会です。

今日も、お客さんは超満員!

K-1人気の凄さを実感します。

大和哲也選手のK-1復帰2戦目です。

キックボクシングに合気道を取り入れてからの大和選手の進化は目覚ましいものがあります。

スポーツ選手の域を超え、一人の武道家として歩み始めているような感があります。

前回の大会では、HIROYA選手を2Rで見事KOで下し、K-1ファンに改めて大和選手の存在を知らしめました。

今日は、中澤純選手との対戦。

どのような試合になるか!

やはり、入場の時は、見ている方も緊張します。

大声援を受けてのリングイン。

表情は落ち着いています。

持てる力を出し切ってほしい!

1R

序盤から、ローキックで大和選手がペースをつかみます。

中澤選手は、防戦一方の様相。

うまく距離を取りながら、的確にキックが中澤選手を捉えます。

2分過ぎから一気に攻め込む大和選手!

最後は、伝家の宝刀の左フックが中澤選手の右アゴに喰い込みました!

そのまま中澤選手はダウン!

立ち上がることは出来ませんでした。

1R 2分24秒 見事なKO勝利で、大和選手が中澤選手を下しました!

今まで数多くの試合を見て来ましたが、ここまで安心して見れた試合は初めてかもしれません。

今日のように勝利を収められれば本当に嬉しいですが、勝負の世界ですから、いつもという訳には行きません。

ただ、近年の大和選手を見ていると、明らかに二、三年前の苦しんでいた時期とは全然違うんです。

言葉で表現すると、“進化”ということに集約されると思うのですが、心技体の全てがバランス良く向上している気がします。

マイクパフォーマンスでは、次回、3/21のさいたまスーパーアリーナでの大会ではチャンピオンに挑戦したいとアピールしていました。

来年の楽しみが増えました。

体に気をつけて、これからも頑張ってください!

応援しています。

公開練習

4/22まで、二週間を切りました。

6年振りに、K-1のリングに帰って来る大和哲也選手。

今日は、公開練習で東京に来ていました。

公開練習の模様はコチラ

公開練習後、

帰りの新幹線に乗る前の東京駅で、試合に向けてのミーティングをしました。

会う度に大和選手が人間的に進化しているのを感じます。

今日の話題は、「気」「水」「直感」。
とても濃い内容でした!

当日、楽しみにしているよ〜!

笑顔で、新幹線に向かう大和哲也選手でした。

k-1のリングに復活!

今日は、4/22代々木第二体育館で行われる

K-1 WORLD GP 2017 JAPANの決起集会ヘ


初代K-1 WORLD MAX -63kg王者・大和哲也選手が、

K-1のリングに6年振りに帰って来ます。


[スーパーファイト/K-1スーパー・ライト級/3分3R・延長1R]

今回、対戦する相手は、HIROYA選手(TRY HARD GYM)

哲ちゃんに会うのは、昨年の8月以来。

8ヶ月振りになります。

FBなどで、いつも活動状況を見ているので、そんなに長い間、会ってない気がしません。

最近は、合気道を取り入れ、

宇宙のエネルギーや自然のエネルギーが分かるようになって来たとの事。

この8ヶ月の間に、かなりの成長、進化を成し遂げています。

こう行った格闘技イベントでの選手のインタビューは、

相手の選手を罵倒したり挑発したり、

自分を誇示したりが定番なのですが、

お互いに相手の良さをアピールするという、とても清々しいものでした。

 

本来、スポーツはそう行った物でなければいけないと思います。

FIGHT FOR PEACEを掲げる大和哲也選手。

3/11に相応しいコメントに感動しました。

格闘技で平和に帰依する!

格闘家、キックボクサーから武道家へと進化してし始めて来ている気がします。

約一ヶ月後の大会に向けて、万全の調整をして欲しい。

どんな試合になるか、今から楽しみです。

進化した大和哲也選手のFIGHTをとくとご覧あれ!

 

 

大和哲也選手

今日は、大田区総合体育館へ


「Kunlun Fight 49×REBELS.45」

Kunlun Fight 65kg ワールドトーナメントに出場する大和哲也選手の応援&サポート

11:00会場入り


この体育館には、初めて来たのですが、

格闘技の会場とは思えないような、清浄なエネルギーが満ちていました。


この空気感の中であれば、選手の皆さんは、気持ち良く闘えるのではないでしょうか。

東京での試合はほぼ一年振りの大和哲也選手。

表情は落ち着いています。


バンデージを巻いて、コンディショニング。


ミット打ちで徐々にボルテージを上げて行きます。


いよいよ試合が始まります。

対戦相手は、 WMC世界王者  ペッタノン・バンチャメーク選手。


リングに上がりました!


東京での試合は、約一年振り。

是非、哲ちゃんらしい、試合を見せて欲しい。
試合開始!


1R

終始、大和選手が試合の主導権を握って攻めこんでいます。

あと30秒あったら勝てていたかもしれません。


このままペースを維持したい所


2R


ペッタノン選手、果敢に攻めてきます。


途中、不運にもバッティングが大和選手の前歯に当たり、しばし試合が中断しました。

 

その影響か!

 


大和選手の動きが鈍くなって来ました。


ちょっと苦しい試合展開に!


ゴング!
なんとか、回復して欲しい。


3R

明らかに動きが止まってしまった!


ポイントを重ねていくペッタノン選手!



試合終了!


判定は、ペッタノン選手!


試合後、大和選手が反省点を話してくれましたが、綺麗な勝ちにこだわってしまった事と、集中力が切らされてしまって、出し切る事が出来なかった事を上げていました。


今回は、大きな怪我も無かったですし、この反省点を糧に、次に向かって頑張って下さい!


応援しています。