がんになる前に……

今日は

NPO法人マギーズ東京

3周年記念イベント上映会に

行ってまいりました。

マギーズ東京は、

がんになった人とその家族や友人など、

がんに影響を受けるすべての人が、

とまどい孤独なとき、

気軽に訪れて、安心に話せる、

また自分の力をとりもどせるサポートもある

英国生まれのマギーズがんケアリングセンターです。

そのマギーズ東京のイベントで、

映画「がんになる前に知っておくこと」の

上映会が行われました。

現在、

日本人の二人に一人が癌になる時代です。

三人に一人が癌で亡くなります。

そんな時代に生きる私たちは、

ある日、癌を宣告される可能性が非常に高いのです。

自分でなくても、家族や友人、職場の同僚などが宣告される場合もあります。

癌を宣告された時は、

誰でも目の前が真っ暗になり茫然自失になります。

本人だけでなく家族も同じように動揺すると思います。

主治医は、

治療方針は立てられても、

患者の精神的なショックや動揺までをケアすることはできません。

追い詰められてしまった、

一人一人に寄り添い、

勇気や生きる活力を与えてくれる場所。

これは、本当にありがたい場所だと思います。

ただ、

私がこの映画を観て気になったたことは、

患者さんにとっての選択肢を

限定していることです。

映画の中で、

「標準治療」という言葉が出てきます。

手術、抗がん剤、放射線治療という三大療法に加え、

分子標的薬、ホルモン療法、支持療法、緩和ケア等を

組み合わせて行く治療です。

「それぞれの癌に応じた“標準治療”を行なって行くことが、科学的にも実証された一番効果的な治療法なのです。」

と、

映画の中で医師が語っています。

また、早期ガンは、手術と強めの抗がん剤で完治させることが出来るけれど、進行ガンは治すことが不可能だそうです。

進行ガンは、抗がん剤をうまく使いながら癌と共存して行くことを目指し、その方が自分の人生を歩きながら人生を終えられるようにするそうです。

医師は多忙なため、事務的に患者と向き合う事が多く、言葉が足りなかったりする事から、患者が病院での治療をやめて、代替療法に走ってしまうケースがあるそうです。

この映画では、

一切、代替療法を認めていません。

代替療法は科学的なエビデンスが無いとのことでした。

マザーズ東京さんには、医学の知識を持った看護師や心理士、栄養士などが在籍していて、患者さんの悩みや負の感情を聞いてくれて解放してくれます。

また、医師との折り合いが悪くなってしまった患者さんとの間に入り、

患者さんが、勇気を持って、「標準治療」に取り組めるよう、心のサポートをしてくれる所です。

もし、癌で苦しんでいる方やご家族がいらっしゃったら、ぜひ参考にして頂ければと思います。

ただ、

私がガンになったとしても、

この道は通りません。

なぜなら、

現代医療に頼らず完治した方や、

現代医療に頼っていたのに医師から見放されて、仕方なく代替療法をやったら完治してしまった方など、

たくさんの方に会い、お話しを聞くことが出来たからです。

逆に「標準治療」であっという間に、この世を去ってしまった知人も数多くいます。

「例えガンを患ったとしても、生きる目的や目標、生き甲斐を失ってはいけない!」

という考え方には賛同します。

勇気を貰って、強くなった時に、どの道に進むか!

何を選ぶのか?

人生は哲学ですね。

たんぽぽ学級での講演会

今日は、

世田谷区教育委員会が主催する

“障害者学級たんぽぽ”での講演会に

講師として呼んで頂きました。

世田谷区の障害者学級の一つとして、

健聴者と聴覚障害者が共に活動し、

学び合える場所を作るサークル

【手話サークルたんぽぽ 】

「人生を快適に過ごす為のカラダ作り」

というテーマで

講演と実技指導をさせて頂きました。

たんぽぽの皆さんとの出会いは、今年の1月。

皆さんで万座温泉日進館にいらっしゃっていた時に、私の健康プログラムを受講して下さったのがキッカケです。

日進館での私の健康プログラムに

たまたま日程がぶつかって、このような話になったのですから

「縁」って本当に不思議だなと思います。

PM6:00

三茶しゃれなあどホール・オリオンに会場入り。

手話通訳さん、パソコン要約筆記チームとの事前打ち合わせをしました。

そして、

手話通訳士の斎藤真佐美さんに手話の手ほどきを受けました。

PM7:00

講演会開始。

本当に大勢の方が集まって下さいました。

講演中、

隣では手話通訳の皆さんが交代で通訳を続けて下さいました。

手話の同時通訳って考えてみたら凄いですよね!

思い返してみると……。

通訳して下さる方の苦労など、何も考えずに私はペラペラ話していました!

有り難うございました。

そして、なんとも驚いたのが「パソコン要約筆記」チームの皆さん!

私の話した言葉が、同時に、スクリーンに字幕で流れるのです。

これには、本当に感動してしまいました。

プロフェッショナルの力って凄いですね。

有り難うございました。

そして今回は、

理学療法士の柿本倫子先生がアシスタントに来てくれました。

実は、これも万座温泉日進館の縁なのです。

ちなみに、

この記事で載せている写真は

すべて田中里佳さんが撮ってくれました。

後輩二人にも感謝感謝!

講演は、

約2時間のプログラムで構成しました。

前半は健康に対するお話しをスライドを使って説明しました。

後半は、実技の時間として、実際にカラダを動かして頂くプログラムにしました。

幅広い年齢層の方が参加して下さっていたのですが、

皆さん、とても元気にカラダを動かしていました。

最後の質問タイムも、

カラダに関する事や食事に関する事を、制限時間いっぱいまで手を挙げて聞いて下さいました。

皆さまに

元気とパワーをお届けできればと思って登壇しましたが、

逆に皆さんから、たくさんの元気を頂いてしまいました。

あっという間の二時間!

こんな楽しい講演会に立たせて頂けて本当に幸せでした!

懇親会も超盛り上がり!

楽しかったです〜〜〜(^^)

このような機会を作って下さった関係者の皆様、

ご参加下さいました皆様に、

心より感謝申し上げます。

有り難うございました。

手話サークルたんぽぽ

母の愛

今日は、

憲法改正と言論の自由を語ろう!

「スペシャル憲法カフェ」に

行って参りました!

明日の自由を守る若手弁護士の会・武井由起子さんと、東京新聞社会部記者・望月衣塑子さんの講演会!

生で、望月さんのお話しを聞いたのは初めてです。

とても笑い話しには出来ないような内容のお話しを、ジョークを交えながら皆さんに伝えていました。

弁護士の武井由起子さんは、

憲法が改正(加憲)されると、どうなるのか!

という事を

分かりやすくお話ししていました。

2012年の特定秘密保護法から共謀罪、武器輸出、集団的自衛権、TPP、基地問題、憲法改正と、ズルズルと戦争ができる国に近づいている日本。

他国から日本を守る為には防衛力が必要なのは分かります。

でも実際には、経済破綻しているアメリカがたくさんの武器を日本に売りつける為であったり、国内の大手企業が軍需産業に舵を切り、戦争が公共事業になる事で、莫大な利益を得る為にルールを変えていこうとしているのだと思います。

経済が潤う事は良い事だと思いますが、罪のない人々の命を奪ってまで、お金儲けをして良いとは思いません。

「政治に無関心な人も無関係ではいられない。」

武井さんのこの言葉が、

いつも頭の中に残っています。

お二人の共通点は、

まだ小さなお子さんがいるお母さんである事。

「将来、子どもたちが安心して暮らせる世の中であって欲しい!」という思いが

お二人の原動力である事がよくわかりました。

創造された世界を生きる

ジェネシスジャパン「秋の創造セミナー2018」

ジェネシスジャパン名誉会長・宇佐神正海先生の講演。

聖書に書かれている創造論が真実であるという事を、40年間伝えて来られた宇佐神先生の使命、生き様を見せて頂きました。

今回のセミナーのメインの講師は、会長の宇佐神実先生。

三日間で、7回の講義をして下さいました。

①天地創造の一週間

②進化論は脆弱な推測

③種類に従って

④ノアの大洪水

⑤バベルの塔と言語の起源

⑥聖書通りに創造を信じる

⑦創造され召された目的

今まで、学校で習って来た進化論。

例えば、人間はサルから進化して来た!

皆さん、そう思っていると思いますが、そこには何の根拠もないのです。

科学者が推測して仮説を立て、それを否定できる証拠が無ければ、その説は正しいとされて来てしまうのがこの社会。

考えてみれば、全ての世界、分野に言える事だと思います。

この地球は誰がどうやって、どのようにして作られたのでしょうか?

地球上の生物や植物は、誰が作ったのでしょうか?

自然発生的に勝手に生まれて来たのでしょうか?

言語や文字を最初に考えたのは誰でしょうか?

そんな事は知らなくても、

別にどうでも良いと思っている方も多いでしょう。

自分が何の為に生まれて来たのか?

生まれさせられたのか?

考えてみれば

子供の頃は、そんな疑問がたくさんありました!

親からは、

そんな事考えなくて良いから、

しっかり勉強して立派な大人になりなさい!

と、よく誤魔化されました(^^)

世の中には、まだまだ分からない事がたくさんあります。

それを解明するには、自分自身が進化する事。

自由に空を飛べたり、動物と話しが出来たり、透視能力を備えたり、時間を超えて過去や未来に自由に行き来できたり、etc

私が子供の頃から、ずっと思い描いている夢です。

今世で、どこまで出来るようになるか分かりませんが、最後まで諦めずに精進していきたいと思っています。

秋の創造セミナー2018

♫7:30ちょうどの〜あずさ3号で〜私は私は、白馬へと旅立ち〜ます〜

という事で、

新宿から久しぶりに特急あずさに乗って、

終点の南小谷に降り立ちました。

ここからホテルの送迎車で、15分!

ジャーン!

ホテルグリーンプラザ白馬に到着しました。

紅葉が本当にキレイなので、ゆっくりお散歩したい感じですが、かなり寒いです。

今日から三日間、

ジェネシスジャパン主催「秋の創造セミナー」が開催されます。

今回、講師として

ジェネシスジャパン様よりお招き頂きました。

今、着々と会場の準備が行われています。

私は、明日、講師を務めさせて頂きます。

皆さま、どうぞ宜しくお願い致します。

会場の下見&打合せ

今日は、

世田谷区にあるホールの下見にやって来ました。

かなり大きな会場です。

来る、10/30。

こちらで聴覚障害を持たれている方に向けて、講演をさせて頂くことになりました。

情報が公開できるようになりましたら、皆さまにもお伝えします。

どうぞ宜しくお願い致します。

マラソン完走必勝クリニック

今日は、スポーツオーソリティ有楽町インフォス店で、行われていた「マラソン完走必勝クリニック」に参加しました。

マラソン完走請負人・牧野仁さんのレクチャーは、とても分かりやすく、勉強になりました。

シューズの選び方から履き方、紐の結び方に始まり、ウォーミングアップから普段の補強トレーニング方法、ランニングフォーム、障害予防とマラソン全般に渡っての講義をしてくださいました。

ここで得た知識も、明日からクライアントに活かしたいと思います。

牧野さん、ありがとうございました。

野球殿堂博物館

今日は、東京ドームの中にあります、野球殿堂博物館に行って参りました。

ここにあるのは、以前から知っていたのですが、中に入った事はありませんでした。

初めて拝観したのですが、野球ファンには堪らない貴重な展示物を見る事が出来ますので、東京ドームにお越しの際は、是非一度、ご覧なってください。

入口を入ると、まずは今年殿堂入りを果たした4名の展示物が迎えてくれました。

そして、現在の12球団の監督や選手のブースが現れます。

引きじりが無くて、全てがフレームに収まりませんでした。

西武ライオンズのブースには、菊池雄星選手のグラブがありました。

今シーズンの活躍も期待しています。

そして、明治時代の野球用品です。

後楽園球場のダッグアウトで実際に使われていたベンチ。

ロッカールームの選手用ロッカー

日本初のピッチングマシン

どこか軍事兵器を彷彿とさせますね。

川上哲治さんのバット。現役時代のプレー は見ていませんが、巨人のV9時代を支えた監督でもありました。

長島さんのユニフォーム。

これは長島ジャイアンツになってからのユニフォームですね。

そして、王貞治さん。

記念すべき、節目のホームランを打った時のバットやボールが展示されていました。

他にも、ここでは紹介しきれない数の展示がありますので、是非一度足を運んでみてください。

日本代表チームのブースもあります。

そして、殿堂入りされた方、全員の盾の展示室があります。

ここは、まさに日本のプロ野球の歴史という感じです。

この中に、星野仙一さんの展示がありました。

心よりご冥福をお祈り申し上げます。

お疲れ様でした。

さて、今日ここに来たのは、この後、19:00からの講演会を拝聴する為にやって来たのです。

このレポートは、また後ほどUPさせて頂きますね。

私が今携わっている選手たちも、いずれここに展示される事を目指して頑張って欲しいと願います。

道の学校

今日は、慶應SDMヒューマンラボ主催東京大されている「道の学校」に参加しました。

ナビゲーターは、東京大学附属病院循環器内科・稲葉俊郎先生。

お会いするのは、2年振りかもしれません。

そしてパネリストは、数多くの超一流アスリートのパーソナルトレーナーを務めて来られた、藤田義行さん。

もうひとかた。

女子バレーボール、バルセロナ五輪銅メダリスト。現在は、2020オリンピック・パラリンピック組織委員会理事のヨーコ・ゼッターランドさん。

選手経験者と、それをサポートしていく側とのクロストークは、これからのスポーツ界を発展させて行く為にも大切な事だと思いました。

ヨーコさんが仰っていた、代表選手として選ばれた重責はあるにせよ、意見は言わせて貰えない縦社会の問題点など、本当に選手を勝たせたいのか!と疑問に思うようなシステムもまだまだ残っているのが現状です。

小池都知事が掲げるアスリートファーストも、実際に何がアスリートにとって良いのか!

その辺りを絵に描いた餅ではなく、現実味を持たせた物にしなければ意味がないなど、有意義な議論がなされました。

最後に、競技種目によって問題点は様々なのですが、私が直面して感じて来た問題点などを理事に陳情させて頂きました。

このような機会を与えて下さった、稲葉先生に心より感謝申し上げます。

おとめ納豆

私は、もともと大の納豆好きなのですが、最近は殆んど食べなくなりました。

なぜなら、安心して食べられる納豆が手に入らなくなってきたからです。

【大豆】

遺伝子組み替えのものや、放射能汚染された物、化学肥料や農薬に汚染された物が多く使われている事。

【納豆菌】

菌も品種改良が進み、自然界には存在しないような強力な菌が作られ、使われている事。

などが理由です。

ところが、本日、昔ながらの製法を継承し続けた、美味しい納豆を頂く事が出来ました。

皆さん、ご存知でしょうか?

『おとめ納豆』

今日、横浜で「発酵ナイト」というイベントに参加しました。

そこに、講師として来られていたのが、横浜で60年以上続く『おとめ納豆』の老舗、中村五郎商店3代目中村弘さん。

納豆の作り方からルーツに至るまで、為になるお話しを、たくさんお聞きする事が出来ました。

おとめ納豆に関する情報は、是非こちらをご覧ください。

http://morinooto.jp/2016/07/11/nakamurahiroshi/

中村さんが、おとめ納豆をかき回します。

そして!

ビヨ〜〜〜〜〜〜ン!

これにはスパイダーマンも真っ青!

本物の納豆は筋力が違います!

あっ間違えた!

菌力です。

おとめ納豆に出会えて、これで安心して納豆ライフを復活出来ます(^^)

中村弘さん、有り難うございました。

2014年9月14日、あれから三年!

2014年9月14日(日)

あれから三年が経ちました。

この日、私は、

東京大学医学部附属病院の大会議室にいました。

第3回 未来医療研究会が開催されていて、そこで講演をしていたのです。

この頃、統合医療という言葉が流行りだし、いわゆる現代医療(西洋医学)だけではなく、伝統医療的なものから、スピリチュアルヒーリング、気功、ヨガ、音楽などの芸術の分野までが、人を癒す効果があり、そういった物を合わせる事で、病気が癒されるという考え方が広まりました。

ヨガやヒーリングなどの講習会に行くと、医療関係者が受けに来られている事が多いです。

やはり、医療に携わっている方が、現代医療だけでは人を癒せないという事に気付かれて、代替医療としてのモダリティを、診療科目の中に入れようとされる医師も増えて来ました。

このような場所でセラピストやヒーラーなど医師以外の方も発表できる機会も作られるようになりました。

私も、その一人でした。

この未来医療研究会は、東京大学病院の稲葉医師によって始められました。

稲葉先生は、医師としても人間としても本当に素晴らしい方です。

震災時、被災地に救援に行かれた所で、電気も無い、薬も無い、道具も無い、そんな状況下では医師は全く無力であると実感されたそうです。

未来医療研究会は、東京大学で開催される事もあり、一挙に大きくなって行きました。

大人数が集まる所には、色んな人が来ます。

いずれ何かしらの問題は起きるだろうなぁ、と思っていました。

その予感は的中し、「週刊文春」の格好のターゲットになり、実質上、この会は解散する形になりました。

これから統合医療を目指そうとしていた医師や、医療機関や医師と連携してモダリティを広めていこうとしていた人たちにとって、この会は希望だったので、残念でした。

ここに立たせて頂いた事は、私にとって財産になりました。

この日を境に、人生が急展開して行きました。

自分も微力ながら未来の医療に対して何か力になれればと思いながら、実際にいくつかの病院で、活動させて頂いていました。

こう言った週刊誌の攻撃があると、心ある医療機関や医師たちも萎縮してしまい、また無難な道を歩き始める事になり、今は、私も医療機関での活動はしていません。

昨年、ゆほびか6月号で、矢作先生と対談した時に、病院よりも健康院を作るべき!

という内容の対談をしました。

その通りだなぁ、と思いました。

もう、自分が医療機関の中に入り、風通しの悪い環境で、窮屈な思いをしながら何かをやるよりも、もっと良い方法が山ほどある事にも気が付きました。

過去は過去として感謝して、

未来に向かって頑張って行こうと誓う今日この頃です。

 

【ギャラリー】










アクション・ワークショップ

今日は、映画24区スクールにて

俳優の為のアクション・ワークショップを開催しました。

まず講義では、俳優としての体作りに重点をおいて、運動生理学やキネシオロジー、トレーニング理論やストレッチ理論など幅広い範囲でお話しさせて頂きました。


スポーツをやるにしても、アクションをやるにしても、まずは体の事をよく知るという事が重要です。

【ストレッチ理論】も、しっかり理解して頂きたい項目の一つです。

安易にストレッチを行えば、パワーは落ちてしまうし、怪我にも繋がります。

よくオーディションの待ち時間に準備運動でストレッチを行なっている人を見かけますが、それが逆効果になっていて、本番で力が発揮出来ない要因になっている事を、脳科学の分野からも説明しました。

【筋力トレーニング】では、いかに苦手な種目を克服するか!をテーマに進めました。

普段、トレーニングしている人でも、自分の得意な種目しかやらず、苦手な部位(筋弱化)の筋トレはやらない人が多いのです。

これでは、全身のパフォーマンスを落とすだけでなく、骨格が歪み、様々な障害の原因にもなってしまいます。

では、どうやって克服すれば良いか、など姿勢反射を使いながら説明しました。

これで、やっとアクションが出来る状態になりました。

最後は、アクションを題材に、自分の思い通りの動きが出来ているか、自分の感情や演技と合わせて体を動かしてみました。

殆どの方が、初めての体験だったので、アクションの難しさ、怖さを認識できたと思います。


今日、参加して下さった皆様が、将来、大きく羽ばたいてくれる事を祈っています。

さすが、俳優さん!

皆さん、素敵な表情です。

有り難うございました。