PTSDとは

心的外傷後ストレス傷害

死の危険に直面した後、その体験の記憶が自分の意志とは関係なくフラッシュバックのように思い出されたり、悪夢に見たりすることが続き、不安や緊張が高まったり、辛さのあまり現実感がなくなったりする状態です。

皆さん、ご存じでしょうか?

アメリカの退役軍人などが、

この症状で苦しんでいるということで、

メディアなどによく取り上げられている病気です。

先日の火曜日、

初めて自分の職場で検査を受けて、

院長に診察してもらいました。

そこで、

重大な病気が見つかってしまったのです。

記憶障害

脳の中で、

記憶をする場所「海馬」に、

傷害がある事がわかりました。

このまま進行すると、

深刻な記憶喪失症になってしまいます。

最近、電車に乗っていても、

どこに行こうとしているのか?

突然わからなくなって

パニックを起こす事もあります。

原因というか、

大元は何なのか?

これはまさしくPTSDです。

私も、20代〜30代は、

いつも死と隣り合わせで生きていました。

毎日毎日、

ヒヤヒヤする生活を送っていたのです。

仕事だから仕方ないのですが、

その時の恐怖が、

今になって病気として現れて来たのです。

とりあえず、

治すしかないですね。

方法としては、

雑踏を避けて、なるべく静かな環境に身を置く。

私は、まだ4Gを使っていますが、

携帯やスマホから離れる。

こういった電磁波も、

脳細胞を破壊することが明らかです。

最近は、

携帯を家に置いて、仕事に行く練習をしています。

30年前は携帯なんて無かった。

それでも普通に生活していましたから!

馴れというのは怖いもので、

携帯を持っていないと不安でしょうがない。

「何か大事なメールが来ているんじゃないか!」

などなど、

家に帰ってから見たって大丈夫なのに👌

太陽フレアの影響で、

停電や電波が使えない可能性があるとの事。

楽しみですね〜

何なら、

そのまま無くなってしまえばいいのに😄