今月10日、文科省が、

体育の授業や部活で、

屋内屋外に関わらず、

「脱マスク徹底を」

強く指導していくという方針を打ち出しました。

都道府県の教育委員会に通達が来たにも関わらず、

未だに、

体育の授業や部活で、

マスクを着けさせている学校が多いのが現状。

最悪です。

「なぜ、外させないのですか?」

と、質問すると、

まだ周りでマスクをしている人が多いので、

外させる勇気がないそうです。

一昔前までは、

風邪を引いているわけでもないのに、

マスクをして歩いている人は、花粉症か、

泥棒や強盗などの犯罪者か、

ラブホから出てくる不倫カップルか、

芸能人でした。

今は、

マスクをしている人が優等生のような、

間違った認識が出来上がってしまったのです。

この最悪な現状を三年前に戻すには、

誰かが先頭を切って、

やり始めなければならない。

ならば、

MANZAPから徹底していこう!

という事で、

みんなで一斉にマスクを外して、

伸び伸びと、

トレーニングやハイキングに励みました。

今後も、

「MANZAP」並びに「大人の体育学校」では、

積極的に、

「脱マスクの徹底」を推進して参ります。