今日は、大森ベルポート・アトリウムに行きました。


こちらの会場で、スタンダード5種目・ラテンアメリカン5種目の合計10種目により競い合われる、肉体的にも精神的にも最も過酷といわれる全日本10ダンス選手権大会が行われていました。


映画「ANIMAを撃て!」で主演を務めた服部彩加さんが、この大会に選手として出場します。


私も、こういった競技ダンスの大会を観るのは初めてでした。

服部選手とペアを組むのは、大澤隆太郎選手。

二人は大学時代から長年ペアを組んでいるそうです。

ラテンを踊る時は、この衣装を着る事が多いそうですが、トラをイメージして作ったとの事。

裾には、鳥の羽根が使われていました。

情熱的な衣装です。

ジャパントロフィー・ラテンアメリカン(アマチュア部門)に出場する服部&大澤ペア。

いよいよ、予選が始まりました。

予選では、8組のペアが同じフロアで踊っていました。

かなり激しく大きな動きで、スペースを広く使っていたので、他のペアと接触するのではないかとヒヤヒヤして見ていました。

表現力豊かで情熱的なダンスに、会場からは声援が聞こえて来ました。

このようなダンスの大会って、クラシックのコンサートのように、上品でエレガントで、静かに観るイメージがあったのですが、拍手をしたり、選手の名前やゼッケン番号を呼びかけて声援を贈るお客さんもいて、とても賑やかな感じでした。

その中でも群を抜いて観客を魅了していた服部&大澤ペア。

そして、準決勝、決勝へと順当に勝ち上がって行きました。

決勝では二人のエネルギーが増幅していくのを感じて鳥肌が立ちました。

ボルテージは最高潮!

素晴らしいパフォーマンスを見せてくれています。

決勝は6組のペアで争われているのですが、

観客の目は彼女たちに釘付けでした。

決勝のダンスが終わりました。

たぶん、思う存分出し切れたのではないでしょうか!

結果はともあれ、二人のダンスに感動してしまいました〜。

競技ダンスの世界も素晴らしいですね。

まだまだ知らない事が多すぎます(^^)

やるべき事は全てやりました。あとは、結果を待つのみ。

神のみぞ知る世界です。

とりあえず、お疲れ様でした〜。

祈るように手を合わせる服部選手。

本当に素晴らしいダンスを見せてくれました。

これだけでも私は大満足でした。

会場では、スタンダード部門の決勝が行われています。

結果を待つ、服部&大澤ペア。

私は、専門家ではないので、偉そうな事は言えませんが、とても良かったと思います。

よく頑張りました。

そして、結果発表。

緊張の瞬間です。

エントリーナンバー1番。服部&大澤ペアの優勝です〜。

やった〜〜〜〜!

名前を呼ばれた瞬間の表情。写真がぶれてしまってすいません。

おめでとうございます????

優勝が決まった瞬間、私も思わず両手を高く上げて叫んでしまいました!

二人共、いい顔をしていますね〜。

アスリートの側にいると、苦しい時を共にしていることの方が圧倒的に多いのですが、今日は、心の底から喜びを噛みしめることが出来ました。

今月来月と、まだまだ大きな大会が続くので、これは通過点に過ぎないかもしれない。

でも、今日は思いっきり喜びを味わって欲しい!

私も、ちゃっかり記念写真に入れて頂きました(^^)

ありがとうございます????


服部選手、大澤選手、おめでとう????

 

本日のおまけ

【写真ギャラリー】


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です