低酸素トレーニング

今日は、万座に来ています。

台風一過の晴天で、先日から積もっていた雪もだいぶ溶けて、道路は走れるくらいになりました。

これから、選手の自主トレに採用を検討しているトレーニングマスク。

試しに使ってみました。

雪のために、全面通行止めになっている国道292号線。

車が来ない為、トレーニングには絶好です。

登坂道路を使って200mダッシュのインターバルトレーニングを行いました。

標高1800mの高地ですから、ただでさえ酸素が薄いのに、呼吸制限をかけるマスクを着用するのは苦しいに決まっています。

当然、期待どおりに撃沈しました。

そして、立ち上がっては、また走り、


また撃沈!

雪の上に倒れるのが、かなり気持ち良い事に気付きました!

トレーニングマスク、フィット感にも優れ、かなり効果が期待出来ます。

是非、お試しください。

小川智子さん!

今日は、脚本家であり作家であり、大学でも教鞭をとられている小川智子さんのトレーニングでした。

私がアクション監督時代、小川さんの書かれた脚本の作品を何本も手掛けさせて頂きました。

ですので、かれこれ20年以上のお付き合いになります。

今は、パーソナルトレーナーとしてお体を見させて頂いていますが、本当に有り難いことだと思っています。

さて、来週の金曜日、25日に、小川さんの新刊

「女が美しい国は戦争をしない〜美容家メイ牛山の生涯〜」が講談社より発売されます。


ハリウッドグループの創業者夫人で

「女はいつも楽しく美しく」をモットーに、明治、大正、昭和、平成を生き、美の追求と探求心で、多くの人々の心を掴み、日本の美容界に革命を起こした美容家メイ牛山の生涯。

是非、多くの方に読んで頂きたい書籍です。

また11/25公開になる

AV女優・紗倉まなによる話題の文芸小説が原作の映画「最低。」(瀬々敬久監督作品)

こちらの脚本も小川さんが書かれています。

そして、今月25日から始まる東京国際映画祭コンペ部門で、10/31 20:00と11/02 16:40の二回上映されます。

連日、超多忙を極めている小川さん。

その合間を縫って、しっかりとトレーニングする時間を作り、体のケアを怠らない姿に頭が下がります。

最近は筋力も付いてきて、フィジカルもだいぶ変わって来ました。

これからも、お仕事にトレーニングに頑張って下さい!

応援しています!

 

ペゴロスの母に会いに行って来ました!

今日は、三越劇場にやって来ました。


昨日、初日を迎えた「ペゴロスの母に会いに行く」

昨年に引き続き酒井敏也さんが出演されているので、伺いました。


再演のようで、再演ではなく、タイトルだけが同じでキャストもストーリーも全く違う内容でした。

内容的には、藤田弓子さんはじめ、素晴らしい出演者の織りなす、ほのぼのとしたコメディなのですが、高齢化社会、老後、介護、死別、の誰でも通る問題がテーマになっていて、とても考えさせる内容になっています。

昨年、拝見した時と違って、今年3月に私の母が他界した事もあり、老人ホームのシーンでは、重なる事もあり、結構辛かったです。

以前から、ご挨拶がしたかった、元タカラジェンヌの汐美真帆さん。

なんと、今回の舞台で酒井敏也さんと新婚ホヤホヤの夫婦役を演じていらっしゃいました。

実は、巨人の青山選手の応援歌を作って下さったのです。

作詞が汐美真帆さん、作曲が尾田大幸さん。

やっと、お礼を言う事が出来ました!


以前、メールではご挨拶していたのですが、こんな形でお会い出来るとは思ってもいませんでした。

汐美さん!今後とも、どうぞよろしくお願い致します。


出演者の皆さん、まだ始まったばかりですが、最後まで頑張って下さいね。

三越劇場での東京公演は10日までです。

ご興味ありましたら、是非劇場に足を運んで下さい。

詳しくはコチラです。