準々決勝進出!

さて、代々木から駒澤に場所を移しての今大会。

結成2年目、ほしのやペアに期待がかかります。

昨日は、初戦が行われました。

対戦相手は埼玉栄高校。

私も、高校時代、アメフト部だったのですが、何度も試合をしました。

スポーツに力を入れている名門校で、各競技からプロやオリンピック選手などを輩出しています。

高校生とて油断は出来ません。

しかし、今年の“ほしのやペア”は違います。

二人の呼吸が合ってきて、とても良いチームになって来ました。

篠谷選手も、後ろがしっかりカバー出来るようになった、と言っていました。

この試合も終始、ほしのやペースで試合を作り、高校生に圧倒的な力の差を見せつけました。

ストレート勝ちで、幸先の良いスタートが切れました。

さて、今日の相手は、大学生ですが、元々、日本代表にいた選手。

ほしのやペアが日本代表Bに入った事で、代表から外れた二人との対戦です。

言わば因縁の対決です。

相手も強い覚悟で臨んで来ると思います。

第1セットは、いいペースで取りました。

しかし、第2セット!

相手チームの動きが急に良くなって来ました。

なんと、このセットは取られてしまいました。

ファイナルに持ち込まれると、確かに不利になって来ます。

星選手は、先程、シングルで山口茜選手とフルセット闘った直後ですし、篠谷選手もミックスダブルスの試合の後の、今日二試合目です。

体力的には、かなり厳しい今日の二回戦。

しかし、今年はフィジカル面を見ても、かなり進化して来ています。

先週、二人の身体調整を行ったのですが、とても良い感じで来ています。

どんなスポーツでも怪我は付き物なのですが、今年は怪我らしい怪我は、全くしていません。

こういった面を見ても、しっかり成長している事がわかります。

第3セット、

ここで負けるわけには行きません!

このセットはしっかり切り替えて自分達のペースで試合を進めた“ほしのやペア”

激闘の末、第3セットを制し、準々決勝進出を決めました!

最後は気力で勝ちました!と星選手が言っていましたが、多分、昨年までの二人だったら、このままズルズルと負けていた可能性が高かった流れでした。

本当に強くなって来た!素晴らしい試合でした。

さぁ明日は準々決勝!

多分、タカマツペアとの対戦になりそうです。

まだまだ厳しい試合が続きますが、全力で闘って下さい!

名勝負!

今大会で、女子ダブルスに出場している星千智選手。

実は、女子シングルにも出場しています。

どう考えても、一日に2種目出る選手と1種目に専念する選手とでは、体力的に考えても1種目のみに出ている選手の方が有利だと思うのですが、守備範囲も広く動かなければならないシングルに出場することで、ダブルスが楽に動けるという利点もあるようです。

昨日、女子シングルで初戦を突破した星千智選手。

今日は、女王、山口茜選手との対戦です。

監督からは、「ボコられて来い!」と言われて送り出されたそうです。

これが、良いウォーミングアップになって女子ダブルスの試合に繋げられれば良い!

というくらいの気持ちで頑張って欲しい。

【第1セット】

星選手、決して動きは悪くないように見えました。

本人に聞いたら、「茜ちゃん、めっちゃ強!」と思ったそうです。

このセットは、ほぼダブルスコアで取られました。

【第2セット】

星選手の動きがかなり良くなって来た!

山口選手のドロップショットもよく拾えています。

余裕があるのか、笑顔が覗くようになって来ました。

山口選手も左右に振られ、ちょっと苦しそうで、ミスも出てきました。

序盤から常にリードをしている星選手。

主導権を渡しません。

いよいよ、セットポイントまで来ました!

ななな何と、このセット、星選手が取りました。

素晴らしい〜〜!

インターバルでは、コーチも笑顔(^^)

こうなったら、是非、勝って貰いたい!

頑張れ!

【第3セット】

誰もが予想もしなかったファイナル!

序盤から、二人の意地のぶつかり合い!

動きが激しくなって来ました。

この後の女ダブが心配になっていますが、山口選手の試合ともあって、第1コート。

たくさんのテレビカメラも回っています。

ひょっとしたらひょっとするかも!

一進一退の攻防が続きました。

最後、山口選手がペースに持ち込んで来ました。

ちょっと攻め切れなくなって来た星選手。

最後は、山口選手が勝ちました。

それにしても、よく頑張りました。

この後、テレビ解説をしていた陣内貴美子さんが星選手に試合を絶賛して次のダブルスに繋げるように激励していました。

近年、確実に力をつけて来ている星千智選手。

本人も納得のいく試合だったでしょう。

いい笑顔ですね(^^)

さぁ、この後、女子ダブルスの二回戦。

気持ちを切り替えて頑張ってください。

紅葉の駒澤公園

今日は駒澤公園におります!

今年もこの大会の季節がやって来ました。

第71回 全日本総合バドミントン選手権大会

例年ですと、代々木第二体育館で開催されていたのですが、東京五輪に向けての工事が行われるという事で、今大会から駒澤オリンピック記念総合体育館に変わりました。

この体育館は、よくプロレスを見に来ました。

体育館や各種の競技場がある駒澤公園は、今は、紅葉が真っ盛りで、天気が良い日であれば、トレーニングやジョギング、犬のお散歩、子供たちの遊び場として最適です。

今日は快晴で暖かかったので、たくさんの方が運動をしたり、

ランニングをして、体を動かしていました。

こちらが体育館です。

試合のレポートは後日UPします!

今回は、紅葉がメインです。

桜は満開の見頃な時期が短いのですが、紅葉は長く見れて良いですよね。

毎年、この大会に来る時は寒いのですが、今年は暖かいですね。

しばし、素晴らしい紅葉をお楽しみ下さい。

さて、昨年の12/23にUPした記事「夢をありがとう」をご覧になって下さった方もいらっしゃるかもしれませんが、昨年まで、日本ユニシスでプレーをしていた佐伯祐行選手が、今大会に出場していました。

現在は福井県で日本体育協会の仕事をしながら選手としてもバドミントンを続けているそうです。

以前と変わらぬプレースタイルで、コートに立っている姿を見て、感慨深いものがありました。

初戦でファイナルまで縺れ込む激闘をしていたのですが、残念な事に敗退してしまいました。

これからの佐伯祐行選手の活躍を期待しています。

さて、今回サポートしている篠谷菜留&星千智選手。

結成から一年が過ぎ、ペアを組んで2回目の全日本総合です。

とにかく持てる力の全てを出して欲しい。

頑張れ!「ほしのやペア」

小さき声のカノン

皆さんは、2011年3月11日はどうしていらっしゃいましたでしょうか?

あれから6年が過ぎました。

東日本大震災以外にも、日本は、阪神淡路大震災、中越地震、熊本の震災等、痛ましい震災が各地を襲ってきました。

地震大国ゆえの宿命なのかもしれません。

被災地では、それでも深い悲しみや苦難を乗り越えて復興への道を歩んで行くのですが、福島に関しては、なかなか進まないのが現状です。

紛れもなく、そこには放射能の問題があるからです。

震災後、「小さき声のカノン」など、福島の現状を取材したドキュメンタリー映画を撮られている映画監督の鎌仲ひとみさん。

先日、ご縁を頂くことが出来ました。

そして、一昨日、中野でのイベントでトークライブを行うという事で拝聴させて頂きました。

震災以降、何度も被災地に足を運び、被災者に寄り添い、被災者の声を届けてきた鎌仲監督。

本当に頭が下がります。

このイベントは、ボランティアで福島の子供たちを線量の低い千葉県の房総に連れて行って保養キャンプを行っている団体が主催していました。

実際に福島では、甲状腺癌が発症した子供たちが190名を超えました。

元々、100万人に一人と言われていた滅多に出くわす事のない病気です。

これに対しても、政府は放射能との因果関係はないと言い続けて、さらに避難指示を解除して市民を呼び戻そうとしています。

原発が爆発した時も、政府が129億円もかけて作ったSPEEDIのデータも隠して、被曝しなくて良い多くの人たちが被曝してしまいました。

この事故で、家族や財産、仕事まで失い、未だ元の生活に戻れない方がたくさんいます。

そんな方達が、今、仮設住宅からも追い出されようとしています。

これからも、同じような原発事故が起こる可能性は非常に高いのです。

その時に、誰かや国が助けてくれるとは思えません。

安定ヨウ素剤などの準備は、行政をあてにせず、自分たちで入手しておく必要があります。

福島第一原発がある双葉町では、当時の町長出会った井戸川克隆さんが、独自の判断で町民全員に安定ヨウ素剤を配ったことから、元町民の皆さんからは甲状腺癌が一人も出ていないそうです。

会場で購入した「カノンだより」vol.4を観ていると、一昨年、飯館村にボランティアで行った時の事を思い出しました。

この問題は、福島だけの問題ではなく、日本全体の問題です。

まずは、国民の一人一人が、真実を知って考えて行かなければいけない問題なのです。

この問題は全く収束していません。

そして、本日、鎌仲監督がコンディショニングにいらっしゃいました。

何をやるにも、まず自分達が健康で体力がなければいけません!

監督からもたくさんのエネルギーを頂きました。

これからも頑張って行きましょう(^^)

精神性や心の大切さを世界に!

今日は、さいたまスーパーアリーナにやってきました。

スーパーアリーナのコミュニティアリーナでのK-1の大会です。

今日も、お客さんは超満員!

K-1人気の凄さを実感します。

大和哲也選手のK-1復帰2戦目です。

キックボクシングに合気道を取り入れてからの大和選手の進化は目覚ましいものがあります。

スポーツ選手の域を超え、一人の武道家として歩み始めているような感があります。

前回の大会では、HIROYA選手を2Rで見事KOで下し、K-1ファンに改めて大和選手の存在を知らしめました。

今日は、中澤純選手との対戦。

どのような試合になるか!

やはり、入場の時は、見ている方も緊張します。

大声援を受けてのリングイン。

表情は落ち着いています。

持てる力を出し切ってほしい!

1R

序盤から、ローキックで大和選手がペースをつかみます。

中澤選手は、防戦一方の様相。

うまく距離を取りながら、的確にキックが中澤選手を捉えます。

2分過ぎから一気に攻め込む大和選手!

最後は、伝家の宝刀の左フックが中澤選手の右アゴに喰い込みました!

そのまま中澤選手はダウン!

立ち上がることは出来ませんでした。

1R 2分24秒 見事なKO勝利で、大和選手が中澤選手を下しました!

今まで数多くの試合を見て来ましたが、ここまで安心して見れた試合は初めてかもしれません。

今日のように勝利を収められれば本当に嬉しいですが、勝負の世界ですから、いつもという訳には行きません。

ただ、近年の大和選手を見ていると、明らかに二、三年前の苦しんでいた時期とは全然違うんです。

言葉で表現すると、“進化”ということに集約されると思うのですが、心技体の全てがバランス良く向上している気がします。

マイクパフォーマンスでは、次回、3/21のさいたまスーパーアリーナでの大会ではチャンピオンに挑戦したいとアピールしていました。

来年の楽しみが増えました。

体に気をつけて、これからも頑張ってください!

応援しています。

達人

テレビでは何度も拝見していた気功の達人・太田光信先生にお会いしました。

いくつかYouTubeに上がっているので、興味のある方はご覧下さい。

https://youtu.be/3tACpwHzvcI

https://youtu.be/VSjssF4Z4qQ

一度でいいからお会いしたいと、かねてから思っておりましたが、太田先生はサンフランシスコ在住という事でなかなかお目にかかる事は出来ませんでした。

しかし、2014年に日本に戻って来られて、太田気功学校を立ち上げられ、教室を持たれているという事で、早速、伺いました。

内容を詳しくお伝えすることは出来ませんが、中国拳法”意拳”の名人で医師でもあった尤彭熙(ゆうほうき)老師の夫人であり、意拳や楊式太極拳の達人でもある欧陽敏(おうようびん)師母に太田先生が弟子入りして修得した尤氏長寿養生功。

意拳内家拳(形意拳・太極拳・八卦掌等)と呼ばれる気功の力をベースにした拳法が元になっており、中国で「国手」(国を代表する武術家)と名高かった王向済老師が創始した拳法だそうです。 その弟子であった尤夫妻が瞑想法等を加えて武術的要素よりも内面を高める尤氏長寿養生功を開発。太田光信先生は日本人として初めてその真髄の空勁氣功を習った方です。

これが空勁と呼ばれる技

吹っ飛びました。

太田先生、本日はご指導頂き有り難うございました。

今後とも宜しくお願い致します。

運命的な出会い!

皆さんは、憲法改正に関して、どのようにお考えをお持ちでしょうか?

まったく興味がない、という方も多いと思います。

先だっての衆院選で、改憲勢力が圧勝したために、来年の今頃には、国民投票が行われるのではないかと言われています。

本当に、日本を守るために必要な憲法改正であれば国民も納得できるのですが、どうやら、すでに経済が破綻しているアメリカと、日本の経済界のために進められているような気が私はしております。

それにより、戦争や軍需産業が公共事業になり一部の企業は恩恵を受けるかもしれませんが、その予算は私たちの税金から支払われるわけですから、当然、増税や社会保障が削減されてほとんどの国民が苦しむ事になって来るのではないかと心配しています。

衆院選の真っ只中の10/8、新宿駅西口の街頭で、明日の自由を守る若手弁護士の会・武井由起子先生が「まちかど憲法カフェ」でマイクを握られ、元自衛官の井筒さん、憲法学者の石川さんと、改憲の危険性を語っていました。

駅前には、多くの方が足を止めて耳を傾けていました。

憲法改正の中味としては、9条が論点になっていますが、自衛隊を明記するか、しないか!

自衛隊を明記するくらい良いのではないか!と思われる方もいるかもしれません。

それが場合によっては、戦争が出来る国へと真っしぐらになる危険性を秘めているのです。

また、緊急事態条項の新設など、心配な内容が盛り込まれています。

私も、以前は憲法なんかまったく無関心な人間でした。今は、この日本にとても危機感を感じています。

詳しい事がお知りになりたければ、明日の自由を守る若手弁護士の会のサイトをご覧下さい。

私たちが、普通に暮らせる世の中が続いて行くことを願います。

そんな、トークを聞きながら、

武井先生が、足を庇うように体重移動をしながらお話しされているのが気になって気になって仕方ありませんでした。

一時間くらいだったでしょうか!

かなり長時間、立ちっぱなしでのトークショーだったので、とてもお辛そうでした。

もしかしたら、足の痛みではなくトイレに行きたいのを我慢しているのか!などと職業柄、動作分析をしていました。

ただ、武井先生とは面識もありませんでしたので、そのまま帰りました。

それから、三週間後の10/31。運命が動きました。

うちのオフィスから徒歩30秒の、お蕎麦屋さん“韃靼穂のか”にて、武井由起子弁護士や映画監督の鎌仲ひとみさんなどとお会いする機会を頂きました。

穂のかの会でお世話になっている野田さん、山崎さん、柳澤さんの繋いで下さった縁でした。

武井弁護士に初対面でご挨拶をしたら、やはり足を痛めていて病院や鍼灸、気功など行かれても全然治らないという事で、10/8の新宿駅西口も、相当痛かったそうです。

もう靴もまともに履けないし、杖を突かなければ歩けないほど悪化してしまったそうです。

そして、本日、うちのサロンにお越しくださり、無事にジョギングも出来るくらいに回復しました。

足の痛みの原因は、足だけにあらず!という事をしっかり理解して頂けました。

世の中には、武井先生を必要とされている方が山ほどいます。

これからも、しっかり体調を整えながら、お仕事や社会活動を頑張ってください。

万天の湯

健康プログラムの講師をさせて頂いている万座温泉日進館

ここには、9つの温泉があります。

今日は、そのうちの一つ。

「万天の湯」をご紹介します。

日進館の6階にある温泉で、宿泊者しか入ることが出来ません。

内湯ですが、広い窓から山を眺めながらのんびり入れる温泉です。

こちらに来て、私が一番よく入る湯です。

写真では、この心地良さを皆さまになかなかお伝えできないのが歯痒いのですが……。

多くの方の難病が、このお湯のパワーで癒されてきました。

温泉や湯気の中に、精霊がいるのがわかりますでしょうか?

ゆったりと時間が流れていきます。

大自然の恵みに感謝です。

干しぶどう酢

前回、パイン酢を紹介しましたが、今回は干しぶどう酢を紹介します。

なぜなら、私が効果を実感して、こんなに長期間続けているのは、珍しいからです。

パイン酢も手軽に作れますが、干しぶどう酢はもっと簡単です。

【用意するもの】

・干しぶどう(オイルコーティングしていない物)

・リンゴ酢

・ガラス瓶

以上です。

まずは、干しぶどうをガラス瓶に移します。

そこに、リンゴ酢を注ぎ込みます。

ブドウが全部浸るくらい注ぎ込みます。

そして、蓋をして、常温で24時間放置すれば完成です。

こんな感じに出来上がりました。

本やインターネットでも、作り方が色々書いてあります。

ほとんどが、ハチミツや砂糖を加えると明記していますが、私は入れませんでした。

入れなくても充分発酵するようです。

一つ、アドバイスさせて頂くとすれば、干しぶどうの選び方。

最初、白ブドウや黒ブドウが混ざった物で作ったのですが、やはりポリフェノールの含有量を考えても黒ブドウだけの物で作った方が、味もそうですし、健康効果も体感することができました。

今は、もっぱらこちらのレーズンを使っております。

完成した状態を見ても、色の違いがわかります。

パイン酢は、飲むイメージが強いのですが、干しぶどう酢は食べる感じです。

ヨーグルトに入れて食べるのを一番オススメしていますが、カレーやシチューに入れても絶品でした。

あと、ポテトサラダやかぼちゃサラダにも合いました。

是非皆さんもお試しください。