ダンサーズ・トレーニング、略して『ダントレ』

クラシックバレエ、新体操、競技ダンス、フィギュアスケートなど、フィギュア系スポーツの選手をみることが最近は多くなりました。

究極の美しさを追求するスポーツなだけに障害が起きる危険性も高くなります。

今までも数多くの障害を持った選手やダンサーが私の元にやってきました。

また現在は現役を引退して指導者として活動されている方も、多くが障害等で悩まれているのが現状です。

やはり、どのスポーツにも言える事ですが、技術的な練習に時間をかけ、ベースとなるトレーニングが不十分なために体に不具合が生じるケースが多いです。

そこで、

ビジュアル系スポーツを行なっている方に向けて

ベースとなるトレーニングメソッドを

このブログでも少しずつ紹介していこうと思っています。

 

ダンサーズ・トレーニング

略して「ダントレ」

シリーズで紹介して参りますので、どうぞ参考にしてください。

運命の出会い、中村淳・山本梨恵子選手!

話しは昨年の10月8日に遡ります。

この時、神の存在を否定しようにも否定出来ないような事件が起こりました。

この日は、服部彩加ペアの試合を観るために、東京体育館に行っていました。

競技ダンスの大会では、国内最高峰の大会として位置づけられている

三笠宮杯全日本ダンススポーツ選手権

応援していた、大澤隆太郎&服部彩加ペアは、残念ながら予選敗退してしまいましたが、この大会はレベルが高く、そう簡単には勝たせて貰うことが出来ない事を知らされました。

これから帰ろうと思い体育館を出ようとした時に、私の携帯に一本の電話が、かかって来ました。

私の職場の、ゴールドジム溝の口神奈川店から、お客様が私にパーソナルトレーニングの依頼で電話をかけていたのです。

内容を伺うと、競技ダンスをやっていて、3年で日本の頂点に立ちたい!

三笠宮杯で優勝したいという中村淳選手・山本梨恵子選手からの問い合わせだったのです。

この会場のどこかにいらっしゃって、私を見つけて電話をしているのではないかと一瞬思ってしまうようなタイミングでした。

でも、お二人に聞いたら、今日が三笠宮杯の開催日である事すら知らなかったとの事でした。

お会いして、「何故、私に依頼したのか?」と、お聞きしたら、パートナーの中村淳選手が、私の著書「運動能力は背骨で決まる」を読んで下さっていて、ゴールドジムでパーソナルトレーナーのプロフィールを物色していたら私のポスターを見つけて、すぐに依頼しようと思われたそうです。

凄い縁だなぁと思いました。

中村&山本ペアは、ブランクがあるそうですが、紆余曲折があった中、あと3年、頂点を目指し頑張ってみようと決起し、二人でトレーニングを開始し、パーソナルトレーナーを探していた所でした。

そして昨年11月、まず山本梨恵子選手のパーソナルトレーニングからスタートしました。

競技ダンスにおいても、ウェイトトレーニングやプライオメトリクス、ファンクショナルトレーニングを取り入れる事は重要です。パフォーマンスは一気に向上します。

新体操、フィギュアスケート、競技ダンスなどは、関節可動域を最大限に使ったパフォーマンスが要求されます。

ですので、最大伸張ポジションからのレジスタンストレーニングや伸張反射を活性化させるプライオメトリクスなどのトレーニングがキレのある動きを作り出します。

そして、勝ち進んで行くと連続して踊り続けるので持久力向上もかなり重要なファクターになってきます。

競技ダンスも総合的なトレーニングを必要とする過酷な競ですね。

そして本日、中村淳選手も揃ってのトレーニングが始まりました。

お二人の夢の実現に向けて動き出した第一歩。

これからが楽しみですね。

頑張りましょう!

 

優勝おめでとう!

今日は、大森ベルポート・アトリウムに行きました。


こちらの会場で、スタンダード5種目・ラテンアメリカン5種目の合計10種目により競い合われる、肉体的にも精神的にも最も過酷といわれる全日本10ダンス選手権大会が行われていました。


映画「ANIMAを撃て!」で主演を務めた服部彩加さんが、この大会に選手として出場します。


私も、こういった競技ダンスの大会を観るのは初めてでした。

服部選手とペアを組むのは、大澤隆太郎選手。

二人は大学時代から長年ペアを組んでいるそうです。

ラテンを踊る時は、この衣装を着る事が多いそうですが、トラをイメージして作ったとの事。

裾には、鳥の羽根が使われていました。

情熱的な衣装です。

ジャパントロフィー・ラテンアメリカン(アマチュア部門)に出場する服部&大澤ペア。

いよいよ、予選が始まりました。

予選では、8組のペアが同じフロアで踊っていました。

かなり激しく大きな動きで、スペースを広く使っていたので、他のペアと接触するのではないかとヒヤヒヤして見ていました。

表現力豊かで情熱的なダンスに、会場からは声援が聞こえて来ました。

このようなダンスの大会って、クラシックのコンサートのように、上品でエレガントで、静かに観るイメージがあったのですが、拍手をしたり、選手の名前やゼッケン番号を呼びかけて声援を贈るお客さんもいて、とても賑やかな感じでした。

その中でも群を抜いて観客を魅了していた服部&大澤ペア。

そして、準決勝、決勝へと順当に勝ち上がって行きました。

決勝では二人のエネルギーが増幅していくのを感じて鳥肌が立ちました。

ボルテージは最高潮!

素晴らしいパフォーマンスを見せてくれています。

決勝は6組のペアで争われているのですが、

観客の目は彼女たちに釘付けでした。

決勝のダンスが終わりました。

たぶん、思う存分出し切れたのではないでしょうか!

結果はともあれ、二人のダンスに感動してしまいました〜。

競技ダンスの世界も素晴らしいですね。

まだまだ知らない事が多すぎます(^^)

やるべき事は全てやりました。あとは、結果を待つのみ。

神のみぞ知る世界です。

とりあえず、お疲れ様でした〜。

祈るように手を合わせる服部選手。

本当に素晴らしいダンスを見せてくれました。

これだけでも私は大満足でした。

会場では、スタンダード部門の決勝が行われています。

結果を待つ、服部&大澤ペア。

私は、専門家ではないので、偉そうな事は言えませんが、とても良かったと思います。

よく頑張りました。

そして、結果発表。

緊張の瞬間です。

エントリーナンバー1番。服部&大澤ペアの優勝です〜。

やった〜〜〜〜!

名前を呼ばれた瞬間の表情。写真がぶれてしまってすいません。

おめでとうございます????

優勝が決まった瞬間、私も思わず両手を高く上げて叫んでしまいました!

二人共、いい顔をしていますね〜。

アスリートの側にいると、苦しい時を共にしていることの方が圧倒的に多いのですが、今日は、心の底から喜びを噛みしめることが出来ました。

今月来月と、まだまだ大きな大会が続くので、これは通過点に過ぎないかもしれない。

でも、今日は思いっきり喜びを味わって欲しい!

私も、ちゃっかり記念写真に入れて頂きました(^^)

ありがとうございます????


服部選手、大澤選手、おめでとう????

 

本日のおまけ

【写真ギャラリー】