今日は、大田区総合体育館へ


「Kunlun Fight 49×REBELS.45」

Kunlun Fight 65kg ワールドトーナメントに出場する大和哲也選手の応援&サポート

11:00会場入り


この体育館には、初めて来たのですが、

格闘技の会場とは思えないような、清浄なエネルギーが満ちていました。


この空気感の中であれば、選手の皆さんは、気持ち良く闘えるのではないでしょうか。

東京での試合はほぼ一年振りの大和哲也選手。

表情は落ち着いています。


バンデージを巻いて、コンディショニング。


ミット打ちで徐々にボルテージを上げて行きます。


いよいよ試合が始まります。

対戦相手は、 WMC世界王者  ペッタノン・バンチャメーク選手。


リングに上がりました!


東京での試合は、約一年振り。

是非、哲ちゃんらしい、試合を見せて欲しい。
試合開始!


1R

終始、大和選手が試合の主導権を握って攻めこんでいます。

あと30秒あったら勝てていたかもしれません。


このままペースを維持したい所


2R


ペッタノン選手、果敢に攻めてきます。


途中、不運にもバッティングが大和選手の前歯に当たり、しばし試合が中断しました。

 

その影響か!

 


大和選手の動きが鈍くなって来ました。


ちょっと苦しい試合展開に!


ゴング!
なんとか、回復して欲しい。


3R

明らかに動きが止まってしまった!


ポイントを重ねていくペッタノン選手!



試合終了!


判定は、ペッタノン選手!


試合後、大和選手が反省点を話してくれましたが、綺麗な勝ちにこだわってしまった事と、集中力が切らされてしまって、出し切る事が出来なかった事を上げていました。


今回は、大きな怪我も無かったですし、この反省点を糧に、次に向かって頑張って下さい!


応援しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です