洗濯マグちゃんのメンテナンス


洗濯マグちゃんシリーズが発売になって、

お洗濯するのに

洗剤を使わなくなった家庭が

かなり増えました。

合成洗剤に使われている、

硫酸系界面活性剤、漂白剤、蛍光剤などが、

洗濯物から、経皮毒となって体内に入ってしまう事は、

皆さん、ご存知だと思います。

その点、

マグちゃんに使われている

マグネシウムは、

水と反応して、水素を放出します。

すると、

洗濯槽の水がアルカリイオン水になり、

衣類の汚れや細菌等を分解洗浄するのです。

人体に悪影響を及ぼす物を放出することは一切ありません。

しかも、衣類だけでなく、洗濯機のホースや洗濯槽などもキレイになってしまう超スグレ物なのです。

しかし、

使い方にはコツがあり、

間違った使い方をしていると、

効果が減少してしまいます。

特に定期的なメンテナンスが大切ですので、

今日は、マグちゃんシリーズのメンテナンス方法を紹介します。

ここに、

半年ほど使ったベビーマグちゃんがあります。

ハサミで切って、

中身を見てみましょう!

だいぶ黒ずんでしまった

マグネシウムの粒が出てきます。

これをコップなどの容器に移します。

ここに水を注ぎます。

次に用意するのは、

クエン酸です。

クエン酸を少しずつ、

様子を見ながらコップに入れます。

すると、

マグネシウムから泡が出てきます。

よくかき回します。

この時に水の温度も一気に上がりお湯になるので、気をつけてください。

2〜3分かき回していると、

マグネシウムが銀色の輝きを取り戻して行くのがわかります。

大体、黒ずみが取れてキレイになったら、

コップのお湯を捨てて、すすぎます。

クエン酸の量が多すぎたり、長い時間やり過ぎると、

表面の黒ずみだけでなく、

マグネシウム本体も溶かしてしまうので、

気をつけてくださいね。

見てください!

キレイになったマグネシウムの姿を!

もう、外側は切ってしまい使えなくなってしまったので、

私は、小さな洗濯ネットに入れて使っています。

ベビーマグちゃん1個には、

73gのマグネシウムが入っているのですが、

旅行先で洗濯する時には、1個で洗濯していますが、

家で洗濯する時は、200gくらいのマグネシウムで洗濯しています。

洗濯物の量に対して、マグネシウムの量が少ないと

汚れ落ちも不充分になってしまいますし、

黒ずんで劣化した状態でも効果は出ませんので、

適量を使う事と、しっかりメンテナンスをすることが重要です。

ギューッと握ればパワー100倍

昨日の続きです。

善光寺のお守りは数多くあるのですが、

中でも有名な「ひとにぎり地蔵」

皆さん、ご存知ですか?

善光寺の仁王門の西側にある

善光寺大本願。

こちらで授与して頂けます。

門を入ってすぐに

「ひとにぎり地蔵」がありました。

こちらに参拝をしてから、売店に行ったのですが、

職員さんから、凄いお話しを伺うことに!

先ほど、お参りした

「ひとにぎり地蔵」は、

モチーフ、レプリカであって、

ご本尊様ではないとの事!(◎_◎;)

善光寺大本願HPより

皆さまに授与している「ひとにぎり地蔵」が本物だそうです。

これは本当に有り難い事です。

本堂前の線香の灰を集めて作られた陶器製のお守り。

不安な時、心細い時、気持ちが落ち着かない時など、

ネガティブな感情に苛まれた時に、

左手でギューっと握れば、

気持ちがフーッと安定して、

逆にパワーが漲ってきます!

手作りの為、

一つ一つ違います。

それぞれ握ってみて、

感覚の合う物を選ぶのが良いそうです。

三世参りの後に、

ひとにぎり地蔵を手にした私は最強です。(たぶん)

善光寺に来たら、

ぜひチェックしてみてください。

グレーディング

服飾業界やアパレル業界で使われている専門用語。

グレーディング

皆さん、ご存知でしょうか?

張替さんと打ち合わせ

していると、

ちょくちょく専門用語が飛び出してきます!

要は、

標準寸法の型紙から、

必要に応じて、

拡大や縮小をしてサイズ調整をしていく事です。

発売当初は、

XS,S,M,Lの

4サイズで始めたのですが、

様々なご要望があって、

なんと、6サイズ展開をする事になりました。

発売して、

まだ5日目です!

人間の顔のサイズが

みんな一緒だったら、

どんなに楽でしょう。

最近は、

そんな事ばかり考えております。

お子様サイズは現在制作中です。

きっと可愛いマスクが

出来上がって来ると思います。

XSとXLを重ねてみると、

こんなに違うんですね〜。

まぁ、

こんなことで驚いていたら、

アパレル業界の人に怒られそうです^ ^

 

 

販売開始します。

House to Gather

代表 張替梅茱さんと共に

開発してきたマスクが完成しました。

その名も、

天然素材ハイスペックマスク

何でマスク一つ作るのに、

こんなに時間がかかるのか?

それは、

お互いに納得できる物が完成するまで

一切妥協しなかったからです。

いよいよ明日から発売します。

どうぞ手にとって品質の良さを確認してください。

ミシンの女神こと張替梅茱さんが、

一つ一つ丹精込めて

手作業で作り上げて行きますので、

大量生産はできません。

いずれは、

店舗販売だけでなく

ネット販売も考えて行こうと思っています。

また、

商品開発にあたり、ご協力をして下さった皆様に心より御礼申し上げます。

ついに商品化の時が!

私が尊敬してやまない

縫製の達人・張替梅茱さんとのコラボ作品

天然素材ハイスペックマスク

ついに、

商品化することが決定しました。

ここまで、

試作を重ねること16作品。

やっと二人で納得いく形に辿り着きました。

今日は、

最終段階の詰めと、

諸々の打ち合わせをして、

商材写真の撮影も行いました。

頑張っている人を応援したい!

そんなコンセプトで

マスクを作り上げて来ました。

色んな業種で活躍されている方に、

実際に試作品をお使い頂き、

感想やご意見をお聞きして

さらに改良を重ねてきました。

いよいよ、あと一歩の所までやって来ました。

楽しみにしてくださっている皆さま。

もう少々お待ちください。

宣言解除になりました。

昨日、

緊急事態宣言が

全国的に解除になりました。

まだまだ安心はできないのですが、

経済活動をしない訳にはいかないし、

ウィルスといかに共存していくかが課題になって来ますね。

皆さん、

宣言が明けたら何をしたいですか?

色々、お出かけしたい所もあると思います。

私は、真っ先に行きたかった所、

それは生地屋さんです。

ステイホームの期間中もずっと通い続けていましたが、

生地の工場が世界的に閉鎖していた為に、

欲しい物がなかなか手に入らなかったのです。

宣言が解除になり、

良い生地が入荷されるようになりました。

これでさらに、

作品作りに力を注ぐことができます。

包装パッケージ!

自分だけのマスクを作っていた時は、

マスクその物のクオリティーを追求して

ひたすら作っておりました。

皆様のお手元に届けるとなると、

パッケージや、

使用上の注意書き、

説明文などの事も考えなければなりません。

またこれも、

楽しい行程ではあります。

かと言って、

マスク自体もまだ改良しようとしております。

ゴールはいつになるのでしょうか?

なぜなら、

作れば作るほど、

新たなアイディアが出てくるのです。

張替さんも私も、

納得するまで一切妥協しないですから^ ^

白だけど、白じゃない!

4月6日から作り始めたマスクですが、

本日、

第13作目が出来上がりました。

ジャーン!

こんな感じです。

今回は、白!

ところが、よく見ると、白じゃないのです。

皆さま、

違いがわかりますか?

お顔の色に合わせて選べる4色を

ラインナップしました。

こうして並べてみると

色の違いがわかりますが、

着用すると、白なんです。

ここが狙い!

ちなみに私がしているマスクは

イエローです!

今回は、

ご縁のある方にも、

モニターとして使って頂いて、

参考意見を伺おうと思っています。

Cut Quartetの皆さん!

いつもお世話になっております。

モニターよろしくお願いします🥺

機能性・快適性・ファッション性

さて、

今日も、打ち合わせです。

機能性、快適性、ファッション性!

この全てを備えた

最高スペックの芸術作品を生み出す為には、

どんな努力も惜しみません。

という事で、

今日も買い出しにやって参りました。

買い出し担当は、私です!

ここまで、

かなりの試作品が誕生しました。

出る度に進化し続けるマスクたち!

どこまで行くのでしょうか?

私たち!

あくなき挑戦は、

まだまだ続きます!

なんと、金剛力士も!

今日は、

高幡不動尊にやって来ました!

仁王門の左右に鎮座する仁王像。

金剛力士もコロナ対策していました。

今日は、

マスク作りの成功祈願で、参拝させて頂いたのですが、

早速、成功を確信させて頂きました。

それにしても、凄い迫力です!

圧倒されてしまいました。

今日は、

マスクの打ち合わせがありました。

今回も熱い打ち合わせが続きました。

形やカッティングをミリ単位で調整していきます。

(企業秘密なので、あまりお見せできません。)

今日は、

試作品のチェックと

打ち合わせだけのはずだったのですが………。

結局、

新たに生地を調達に行く事になりました。

最高傑作を生み出すには、

妥協はありません。

お不動様、

どうか見守っていてください。

新たな夢に向かって!

さて、

今日は日暮里駅にやって来ました!

南口を出て、

3分くらい歩くと、

日暮里中央通りにでます。

ここは、別名:にっぽり繊維街

生地の問屋さんが、ズラーっと並んでいる通りです。

服飾業界の聖地ですね。

まさか、

私がこんな所に通うようになるとは

思ってもいませんでした。

新型コロナ騒動で、外出自粛、休業要請。

STAY HOME週間は、「家から出ないで!」

仕事や学校が休みなった事を良い事に、

何か趣味にでも没頭したいと思うのですが、

私には、これといって自宅でできるような趣味もありません。

ところが、

昨今のマスク不足から、

自分だけのオリジナルマスクを作り始め、

マスクの奥の深さと魅力に取り憑かれてしまったのです。

でも、

マスクを作るために

実際にミシンを踏んでいるのは私ではありません。

私は生地を選んで、形を決めて、細かいこだわりを伝えるだけなのですが、それを見事に形にしてくれるのが、

今月10日に、

マジックミシンを退職したばかりの、

張替梅茱さん。

【業界用語】

服飾業界では、ミシンを使って縫製作業を行う事を、[ミシンを踏む〕と言います。

今回は、

デザインや使いやすさだけでなく、

医療用マスクにも匹敵する防御性を兼ね備えた物を作りたい!

と相談をしたら、

快く引き受けてくださり、

生地を選ぶ段階から動いてくれています。

現在ちまたでは、

手作りマスクブームが巻き起こっています。

オカダヤ、ユザワヤなどの生地屋さんでは、

手作りマスクコーナーが設置されていて、

多くの方がマスク作りを楽しんでいる様子です。

だいたい材料は、決まりました。

あとは、細かい仕様の打ち合わせ。

ここまで来ると、

マスクが手に入らないから自分で作ろうというレベルではありません!

芸術作品作りです。

たった一つのマスクを作るのに、

これだけの時間と労力とお金をかける!

普通では考えられないかもしれませんが、もう止まりません。

納得いくまでやるでしょう!

最初は、世界に一つだけのマスクを作ると言って始めました。

今は、世界最高峰のマスク作りに挑戦します。

新たな夢に向かって!

 

スコット・シーガル博士

自分だけのオリジナルマスクを作った事で、

毎日、薬局を覗かなくてよくなりました。

本当に作って良かったです!

その後も、

マスクへの興味は続いております。

ニュースを見ていると、

シャープやアイリスオーヤマ、他にも、加賀友禅の町や、絨毯を作っている企業や、米国ではアンダーアーマーもマスクの生産に乗り出したと報じています。

そんな中、

Yahooニュースにこんな記事が出ていました。

マスクに一番向いている素材は何?米大学研究チームが検証

自作マスクマニアの私には、外せない記事だったのです。

(興味のある方は、リンクしてありますので、ご覧ください。)

その記事の中に、

再び私の血を燃え上がらせる文面を見つけてしまったのです!

【記事抜粋】

学術医療機関「ウェイク・フォレスト・バプティスト・ヘルス」に勤めるスコット・シーガル博士は、コロナの感染が拡大してから手作りマスクの研究を始めた。博士によれば、マスクに合った素材かどうかを確認したいときは、光にかざしてみるといいという。

「光をよく透過する布はマスクには適しているとは言えません。光を通さないていどに厚みのある素材を使うことが大切です」

シーガル博士のおすすめは、しっかりと折られたキルト用のコットン生地だ。キルト生地が空気中の粒子を捕集する率は70~79%とかなり高く、医療用のマスクと比べても遜色のない数字だという。また、内側にフランネル、外側にコットンを重ねるなど二重構造になっているマスクは、特に粒子の捕集率が高かった。アメリカ疾病予防管理センター(CDC)も密度の高い100%コットンを2枚重ねることを推奨している。

スコット・シーガル博士、やっちゃったよ!

私の魂に火をつけちゃったよ!

皆さん、

いやな予感がしていると思います。

そうです!

まだやるのです!

今まで作ったマスクはとても使いやすいですし、

最高傑作だと思っています。

ただ、

あまり気にしていなかったのが感染予防効果

所詮、

マスクで100%感染を防げる物ではないので、

あえて、そこには拘らずに作ったのです。

しかし、

「表をコットンキルト、裏をフランネルの二重構造にすれば、医療用に匹敵するマスクができる。」と、

スコット・シーガル博士が言うのであれば、

作らない訳には参りません。

 

やってやろうじゃありませんか!

 

皆さん、

どうか暖かい目で見守ってくださいね(^^)