野沢菜発祥の地

もうもうと立ちこめる湯けむりの中、

女性が作業をしています。

何をやっているのかと申しますと、

野沢菜を洗っているのです。

ここは、

天然記念物・麻釜熱湯湧泉 です。

今日は、

野沢菜発祥の地

野沢温泉にやって来ました!

野沢菜大好き人間の私にとっては、

聖地であります。

野沢菜の醤油漬け

野沢菜の薫製

野沢菜キムチ

どれも美味しくて、

超しあわせで御座います。

野沢温泉観光協会に到着しました。

野沢温泉は、

行政が超太っ腹なのをご存知ですか?

野沢温泉に宿泊する人向けに、

湯ったり宿泊キャンペーンクーポン

販売しています。

5000円で、10000円分のお買い物が出来るのです。

ホテルで宿泊代を払う事にも使えます。

GoToと合わせて使うと、

こんなに安くていいのでしょうか?

と、ちょっと心配になるくらいなのです。

しかも、車で来る場合、高速代の補助金も支給されるのです。

東京から来ると、5000円の補助金が貰えます。

ここまで至れり尽くせりの所は無いと思います。

さて、本題です。

このブログにお付き合いくださっている皆様には、

私が大のスタンプラリーマニアである事は、

周知のことだと思います。

野沢温泉にもあるのです。

【ご集印めぐり】なる物が!

古くから刻まれた歴史と文化を感じる野沢温泉には、名所・旧跡を中心に、27ヶ所の集印所があります。

10個以上の集印をすると、野沢温泉オリジナルの記念品岡本太郎「湯タオル」がもらえます。

10個以上集めれば、記念品を頂けるのですが、

スタンプ帳は全て埋める事に意味があります。

それでは!

全制覇目指して、let’s go!

◾️大湯

◾️横落の湯

◾️麻釜の湯

◾️真湯

◾️滝の湯

◾️上寺湯

◾️熊の手洗湯

◾️河原湯

■新田の湯

◾️秋葉の湯

◾️松葉の湯

◾️十王堂の湯

◾️温泉薬師堂

◾️薬王山健命寺

◾️湯沢神社

◾️麻釜

◾️唱歌「朧月夜」の歌碑(ふるさとの湯入口)

■野沢菜発祥の碑(健命寺境内)

◾️あけび細工はとぐるま(健命寺境内)

■道祖神祭り(民宿湯沢裏)

◾️道祖神(さかきや旅館前)

◾️おぼろ月夜の館

◾️野沢温泉小唄記念碑(麻釜)

◾️ふるさとの湯

◾️野沢温泉スパリ~ナ

◾️シュナイダー広場

そして、最後は!

◾️中尾の湯

やりました〜!

ご集印めぐり全制覇です〜!

早速、

観光協会に戻り、

記念品をゲットしました!

岡本太郎さんも、

きっと喜んでくれていると思います^ ^

 

 

奇跡の温泉!

念願の鹿教湯温泉にやって来ました。

一度行ってみたかった信州の温泉です。

やっと来ることが出来ました。

江戸時代から続く湯治場です。

鹿に化身した文殊菩薩が、

猟師に山中に湧き出る温泉を教えたことから

鹿教湯温泉と名付けられたとの事。

詳しい由来はこちらをご覧ください。

温泉街の中心に、

温泉祖神が祀られています。

恵比寿様と大黒天。

まずは、

ご挨拶させて頂きました。

渓谷沿いにある温泉地です。

鹿教湯温泉のシンボルでもある五台橋を目指します。

飲泉所がありました。

近くには別所温泉や戸倉上山田温泉があるのですが、

硫黄泉なので、あまりたくさんは飲めません。

鹿教湯温泉は、単純泉なので、

ガブガブ飲めます。

甘味がありまろやかで美味しいお湯です。

五台橋が見えて来ました。

この橋を渡って、

文殊堂に向かいます。

渓谷沿いの遊歩道は、

マイナスイオンたっぷりです。

左に見える建物が、文殊の湯です。

後ほど、お世話になります。

文殊堂に到着しました。

やはり文殊菩薩様由来の鹿教湯温泉ですから、

お参りはマストですね。

隣には、薬師堂がありました。

お参り終了!

それでは、文殊の湯に向かいます。

滝の横にも飲泉所がありました。

この遊歩道を歩いているだけで、

かなり癒されました。

文殊の湯に到着!

泉質は、

弱アルカリ性低張性高温泉

内湯は、熱湯とぬる湯に分かれています。

体感では、熱湯が42℃、ぬる湯が40℃といった所でしょうか。

露天は、41℃くらい。

渓谷沿いの露天風呂は、

渓流の音とそよ風が、本当に気持ち良かったです。

さほど、熱いお湯ではないのに、

汗が滝のように噴き出すのです。

ぬるめの温泉で、発汗作用がある理由としては、ラジウムが含まれたラドン温泉などが考えられるのですが、

成分分析表を見ても、

ラジウムは含まれていませんでした。

今回お世話になった

こくや旅館のお湯も絶品でした。

熱い温泉を飲みながら、温泉に入るのは最強のデトックス法になります。

通常、温泉で温まった後は、

冷たい飲料で水分補給をするのが、通例だと思いますが、

それでは、

究極の温泉効果は得られません。

湯船に首までしっかり浸かった状態で、

熱燗を飲むように、温泉をガブガブ飲むのです。

そうすると体内の深部温度も一気に上がり、

とてつもない量の発汗が始まります。

これが、通常、体外に排出し辛い体内毒素(特に水銀、鉛、ヒ素)を出してくれるメカニズムなのだと確信しました。

これが、

万病を癒すという、

伝統と伝説に彩られた奇跡の温泉

「鹿教湯温泉」の秘密ですね。

ここに数日滞在すれば、

かなり若返るという実感が沸きました。

すでに、

来月も予約済みです(^^)

さすが噂に違わぬ温泉でした♨️

諸般の事情

いつもの通り道。

上野動物園の脇を歩いています。

森鴎外さんの住居跡にある

水月ホテル鴎外荘

こちらも、

緊急事態宣言から、ずっと休館しています。

県を跨いでの移動も解禁になったので、

そろそろ営業を再開しても良いと思うのですが…………。

先ほど、通りがかった時、

この休館中のホテルの前で、

写真を撮っている人がいました。

もしや!

いや〜な予感が走りました。

玄関前の貼り紙を見て愕然!

諸般の事情により、

80年の歴史に幕を閉じたそうです。

ここの温泉、大好きでした。

ショックですね。

コロナの自粛で、休業して、そのまま廃業してしまった施設がここにもありました。

毎日のようにここを通っていて、

ずっと休館中だと思っていました。

諸般の事情〜。

寂しいです。

 

 

よく通いました^ ^

戸倉上山田温泉の

万葉超音波温泉

初めてここに来たのは、

2018年8月

ここの温泉に魅了され、

通い続けて3年!

この年齢まで、

元気にトレーナーの仕事を続けられるのも、

この温泉のおかげと言っても過言ではありません。

戸倉上山田温泉のお湯は本当に良いです!

温泉は浸かるだけでなく、

飲まなければダメというのが、

私の持論です。

日本全国に名湯はたくさんあるのですが、

飲んで良し!浸かって良し!は、そんなに多くはありません。

さて、

押し続けて来たポイントカードが本日埋まりました^ ^

本日からまた新たな闘いが始まります。

 

 

 

牛に引かれて〜布引観音温泉

信濃四大伝説の一つ。

「牛に引かれて善光寺参り」

布引観音・布引山釈尊寺に参拝しました。

元々、

全く予定もしていなかった参拝なのですが、

いつも行っているカフェが閉まっていた為に、自然に導かれて、

来させて頂く事になりました。

布引観音の伝説を読んでみると、

やはり導かれて来たのだなぁ〜と思いました。

「牛に引かれて善光寺参り」

信濃国に性根の悪いお婆さんが住んでいた。 

ある日、川で布を洗濯していたところ、一頭の牛が現れて角で布を引っかけ走り出した。お婆さんはその牛を追いかけ、善光寺まで来てしまった。

日が暮れて牛が入っていったお堂にお婆さんも入ってみると、光明に照らされて、牛のよだれが「牛とのみ思いすごすな仏の道に 汝を導く己の心を」と読めた。

するとお婆さに菩提心が芽生え、すっかり信心深い人間に生まれ変わってしまった。 

後日、近くの観音堂を詣でると、堂内の観音様に牛にさらわれた布がかけてあった。

それを見たおばあさんは、牛と思ったのはじつは仏様の化身と知り、ますます善光寺への信仰を深めて往生を遂げた。 

この牛に化けていた観音様が

布引観音だったということです。

この断崖絶壁に建てられた観音堂を参拝するには、

険しい山道を15分くらい登って行かなければなりません。

登山口には、

杖が用意されています。

登山道は階段に整備されているのですが、

一段一段がかなり高く、

勾配もキツめです。

途中には、

善光寺穴や二段滝など、

風光明媚なポイントがいくつかあり、

とても楽しめます。

10分くらい登ると、観音堂の入口がありますが、ここは封鎖されていて、ここから登る事は出来ません。

それにしても、観音堂はまだまだ遥か上です。

不動滝まで来ると、

光のシャワーが舞い降りて来ました。

神の祝福ですね〜。

感謝!

釈尊寺の境内に到着。

本堂の目の前に観音堂が見えます。

奥は浅間山です!

境内をグルッと回って、

岸壁のトンネルをくぐります。

トンネルを抜けると、

観音堂が現れます。

それにしても、よくこんな場所に建てられたなぁ〜と、

日本の古来からの建築技術に感心してしまいました。

こちらに

伝説の牛に化身していたと言い伝えられている

布引観世音が鎮座しています。

中から、先程の本堂が見えます。

ここから断崖を見下ろすと、

かなり、すくみます!

勇気を出して、前まで来ました!

皆さん、

見えますか〜?

ここで〜す(^^)

さて、無事に参拝を終えた後は、

布引観音のパワーを引き継いでいる

布引観音温泉に寄らせて頂きました。

入口の前には、

飲泉所があります。

手前が温泉、奥が深層水です。

温泉は塩化物泉

深層水は、柔らかく本当に美味しい水でした!

浴槽は、3つ。

源泉掛け流しの熱めとぬるめ、深層水を引いた水風呂があります。

天然温泉と天然深層水の温冷浴を楽しめます。

だ〜〜れもいない温泉で、

のんびりとした時間を過ごす事が出来ました。

桜は咲き始めたものの、

寒い日が続いていますので、

皆様、

体調管理には充分お気をつけくださいませ。