昨日、

無事に巡礼が終わってホッとしています。

今日は朝から市内観光をして、

午後、サンティアゴ空港からマドリードに行きます。

巡礼シーズンから、やや外れた時期であったので、人も少なく、大聖堂や市内をスムーズに見学する事ができました。

大聖堂は来年まで工事中の為、

入れる場所に制限がありましたが、

聖ヤコブ像との抱擁と、お墓を見ることは出来ました。

現在工事中の、

西側の門。(2020年完成予定)

この門の名前を忘れてしまいましたが、かなり歪んで作られています。

これが、

デザイン的に美しいからでしょうか?

こちらは、大聖堂の外観です。

重要文化財であり世界遺産である大聖堂。

外観もたくさん写真に収めたのですが、

撮れば撮るほど、おかしい事に気づくのです。

建物の真正面から撮ろうとしても、

どこが真正面だかわからない!

どこから写しても傾いているように映るのです。

よく見たら、

向かって右側の塔が傾いて作られていたのです。

ここでも、日本の神社と同じような事が行われていたんですね。

サンティアゴまでの巡礼は、

古代ローマから中世にかけての歴史を学ぶ旅でもあったわけですが、

それは、

殺戮、略奪、洗脳、支配の歴史を再認識する旅と言っても過言ではありませんでした。

レオンからサンティアゴまで、

歴史的建造物の数々を見て回ってきました。

大聖堂や博物館の表や壁面には

芸術的な彫刻や絵画が残されていましたが、

おぞましい内容の物が多かったです。

国王はいつの世も自分の身に危険が及ぶことを恐れていました。

時の権力者は、庶民を洗脳する為に、宗教を利用して来た事がよくわかります。

神様の存在をいつの間にか、

「国王が神である」

という概念にすり替え、

刃向かったり、背いたりすれば地獄に落ちると、

人民を洗脳して行ったのです。

地球上のレイライン上にある、フランス人の道。

宗教や信仰に関係なく、ここを歩けば、何かしらの変化がもたらされる。

これは自然の摂理なので邪魔することはできません。

ここを訪れた巡礼者の霊性が上がるのを、時の権力者は恐れたんでしょうね。

一人一人の次元が上昇してしまえば、支配できなくなり都合が悪い。

巡礼の終着点である大聖堂を歪ませる事で、

霊性を減衰させる小細工も

当時のまま残されていました。

あくまでも

私の妄想と推測ですので‥‥

当時、

サンティアゴに巡礼すると、

「全ての罪が赦される」という事で、

聖ヤコブに救いを求め、

多くの人が命をかけて800kmを歩いた巡礼路。

そもそも「罪」って何ですか?

と、疑問に思うのですが、

それだけ、大変な時代だったのでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です