奇跡のコマクサ!

二ヶ月前の、7月5日

万座温泉を愛してやまなかった方の遺骨を、

コマクサの咲いている場所に散骨しました。

この日はちょうど満開で、

故人も喜んでいる事でしょう。と、

ご主人様と話していました。

高山植物の女王と言われる

コマクサが見れる期間は非常に短く、

だいたい10日間くらいです。

 

万座温泉では、例年ですと、7月初旬に咲き始めて中旬には終わってしまいます。

今日は、天気が良かったので、

この場所にお参りに行ったら、

散骨した場所のコマクサが、

まだ咲いていたのです。

9月になっても、

コマクサが咲いているなんて事は、この地域ではありません。

私も、毎年コマクサを見るのが楽しみで来ていますので、今回は鳥肌が立ちました。

この場所以外にも、コマクサが見れる場所がいくつかあるのですが、他の場所は、咲いていませんでした。

やはりそういう事ってあるんですね。

合掌!

滝行の境地

今日は、

午前中のレッスンと

午後のレッスンの間が空いたので、

万座川の上流で、

滝行をしました。

これは、

やった人にしか分からない世界。

滝に打たれると、

その衝撃で、

立っているのがやっとの状態。

水の重さに潰されて、

体が徐々に沈んで行きます。

呼吸も困難になり、

溺れて窒息するのではないかという恐怖が襲って来る。

ところが、

ある瞬間から、ふっと軽くなって来て、

呼吸も安定し、

体も自然体で立てるようになるのです。

時間にして、

5分くらいでしょうか。

寒さも感じなくなり、

とても心地良い状態になるのです。

何時間でも続けて行ける感じです。

あくまでも私の主観ですが、

滝行の境地を説明すると、

容赦なく襲い掛かって来ていた水が、

時間とともに、

自分を守ってくれるようになる。

包みこまれている。

これが「自然と一体になる」

という事なのではないでしょうか。

機会がありましたら、

是非とも体験してみる事をオススメします。

きっと大きな変化が現れるでしょう。

 

ギューッと握ればパワー100倍

昨日の続きです。

善光寺のお守りは数多くあるのですが、

中でも有名な「ひとにぎり地蔵」

皆さん、ご存知ですか?

善光寺の仁王門の西側にある

善光寺大本願。

こちらで授与して頂けます。

門を入ってすぐに

「ひとにぎり地蔵」がありました。

こちらに参拝をしてから、売店に行ったのですが、

職員さんから、凄いお話しを伺うことに!

先ほど、お参りした

「ひとにぎり地蔵」は、

モチーフ、レプリカであって、

ご本尊様ではないとの事!(◎_◎;)

善光寺大本願HPより

皆さまに授与している「ひとにぎり地蔵」が本物だそうです。

これは本当に有り難い事です。

本堂前の線香の灰を集めて作られた陶器製のお守り。

不安な時、心細い時、気持ちが落ち着かない時など、

ネガティブな感情に苛まれた時に、

左手でギューっと握れば、

気持ちがフーッと安定して、

逆にパワーが漲ってきます!

手作りの為、

一つ一つ違います。

それぞれ握ってみて、

感覚の合う物を選ぶのが良いそうです。

三世参りの後に、

ひとにぎり地蔵を手にした私は最強です。(たぶん)

善光寺に来たら、

ぜひチェックしてみてください。

三世参り&精進落とし

一年のうち4分の1は

長野で過ごしている私ですが、

まだ善光寺には、

一度も行った事がありませんでした。

あまりにもベタすぎる場所なので、

避けていたのかもしれません。

7年に一度、

ご開帳がある時は、

三世参りで、多くの人が訪れます。

来年がまたご開帳になるのですが、

一足先に、

三世参りをすることにしました。

「三世参り」とは

「善光寺」「善光寺大本願」

そして、

千曲市にある「善光寺大本願別院 観音寺」

この3つを合わせて参拝することを言います。


極楽往生を願う善光寺が「来世」

先祖供養をする善光寺大本願を「前世」

現世利益を願う大本願別院を「現世」とし、

3つを巡ることで前世・現世・来世合わせての参拝ができると言われています。

まずは、

善光寺で「来世」への参拝。

一光三尊阿弥陀如来様、

有り難うございました。

次に向かったのは、

仁王門の近くにある

「大本願」です。

こちらには、

文殊菩薩を祀る、文殊堂もありました。

これで、

「前世」の参拝も完了しました。

有り難うございました。

さて、

長野市から千曲市に向かいます。

あれっ!

予定外の写真が出てしまいました。

大変申し訳ありません💦

戸倉上山田温泉♨️に到着しました。

あの山の上にある、

赤い屋根の寺院が、

大本願別院観音寺です。

こうやって見ると、

その高さがお分かり頂けると思います。

そうです。

参拝イコール登山です。

登山口まで、やってきました。

早速、登って行きたいと思います。

登山道は、舗装されていますので、

車で参拝することも出来ますので

ご安心ください。

途中に、休憩所がありました。

ここも展望台になっていて、

千曲川や戸倉上山田温泉を一望できます。

最高の眺めですね。

さて、12分ほど上って、

「現世」の参拝をする

大本願別院観音寺に到着しました。

善光寺とは趣きが違って、

真っ赤な境内が印象的でした。

これで無事に

三世参りが終了しました。

もうすでに、

体の中が熱くエネルギーが蠢き始めているのを感じました。

たぶん何かが大きく変わって行くと思います。

境内からの風景は、

さらに圧巻です。

戸倉上山田温泉街を一望しているのですが、

ここは、

 

善光寺の「精進落としの湯」として

有名な温泉です。

さて、今日はどこのお湯に入ろうかな?

極上の日帰り湯が、何ヶ所もあるので迷います。

今日は、

亀の湯さんにしました。

いい〜お湯でした(^^)

有り難うございます!

閲覧注意!

昨日、

金町駅で、無事に

歩いて「駅のスタンプ」ラリー

を終えました。

ラリー三日目から

右足に出来たマメがずっと治らず、

むしろ日に日に大きくなっていたので、困っておりました。

このマメを治す為に、隣の亀有駅に寄りました。

でも、ゴッドハンドがいる治療院ではありません。

亀有 香取神社です。

私は普段、

スポーツの神様として有名な

亀戸の香取神社によく参拝させて頂いているのですが、

亀有の香取神社は今回が初めてです。

御祭神は、亀戸も亀有も、

経津主大神です。

スポーツの神様である事に変わりはないのですが、

足腰の健康を守る神様として有名なのです。

お守りも、足腰健康・健脚健康守など、

種類も豊富です。

明日からの

スーパーダイエット合宿プラン《MANZAP》で、

参加者の皆さんの足腰が守られますことと、

私のマメが治るように祈願させて頂きました。

初めて参拝させて頂いたのですが、

広々とした境内の、

とても気持ち良い神社でした。

その、ご利益あってか!

奇跡が起きました。

ここからは、閲覧注意!です。

私のマメの画像をお見せしますので、

勇気のない方、ゲテモノが嫌いな方、お食事中の方、体調の優れない方などは、

決してご覧にならないようお願い致します。

心の準備は大丈夫ですか?

行きますよ!

行きますよ!

行きますよ〜!

ジャーン!

痛そうでしょー。

病院に行こうか?

迷ってたくらいです。

ところが、

今日見てみたら、

ジャーン!

キレイに治っていました。

10日間くらい、悪化する一方だったのに、

やはり、

香取神社⛩は、最強でした。

先ほど、

万座温泉日進舘に到着しました。

これで、

明日からのMANZAP

参加者の皆さんと、

楽しみながら頑張ることができますね。

スポーツ選手に限らず、

足腰に障害を持たれていたり、

衰えを感じられている方など、

ぜひ一度、

亀有 香取神社に参拝してみてはいかがでしょうか。

オススメのパワースポットです。

 

護摩修行!

昨日の記事の続きです。

高幡不動尊金剛寺。

5月に参拝に来た時は

仁王像も、

新型コロナウイルス感染防止の為に、

マスクを着用していました。

今は、ハズしています。

まだ予断を許さない状況が続いているのですが、

たぶん熱中症予防の為にハズしたのだろうと予測します。

山内八十八ヶ所巡りを終えて、

次は、護摩修行をさせて頂きました。

高幡不動尊は、交通安全祈願が有名で、連日多くのドライバーが参拝に訪れます。

今回は、心願成就の護摩修行をお願いしました。

お護摩とは、梵語でホーマ(homa)といい、〈焚く〉〈焼く〉などの意味をもつことばで、仏の智慧の火を以て煩悩(苦の根元)を焼きつくすことを表します。

御本尊(不動明王)の前に壇を設け、さまざまな供物を捧げ、護摩木という特別な薪を焼きつくし御本尊に祈る真言密教独特の修法で、たいへん霊験あらたかであると云われております。高幡不動尊金剛寺HPより抜粋

高幡不動尊金剛寺HPより

初体験でしたが、

不動明王の元に拝殿して、

目の前に焚かれた

激しく燃え上がる護摩木の炎を見つめていると、

私の心と体の奥底にある汚い物が

焼き尽くされて行く感覚がありました。

これが煩悩なんだなぁ〜と、

自分の中にある煩悩の深さを

改めて認識しました。

護摩修行が終わった後も、

呆然として

しばらく動けなかったです。

今日は、

充実した一日でした。

感謝!

栗と温泉と北斎

今日は、

小布施にやって来ました。

小布施は初上陸です。

まずは、あけびの湯

長野県は名湯が多いですね。

長野県の温泉は、かなりの数を制覇しているのですが、

まだまだあります。

小布施の街を一望できる温泉は

開放感に溢れて

心身ともに癒されます。

たっぷり恩恵を受けた後は、

お目当てのモンブラン目指してGo!

小布施は栗が名産という事で、

街の中は、お菓子屋さんがずらっと並んでいます。

お店を見て回るのは楽しいのですが、

駐車場が有料しかないのが難点です。

目的地の、

栗の木テラスに到着しました。

こちらは、

桜井甘精堂のカフェです。

こちらのモンブランが美味しいとの噂を聞きつけ、やって参りました。

これですねー。

さて、ここにも駐車場が無いのですが、

カフェを利用する時は

桜井甘精堂本店の駐車場に停めさせて頂けます。

ありがとうございます😊

店内はこんな感じです。

上品な奥様たちが、

ご歓談されていました。

男性客は、私だけでございます。

念願のモンブラン!

いや〜っ、皆さまにお召し上がり頂けないのが申し訳ないのですが、

本当に美味しかったです。

都内の有名百貨店でも販売しているとの事ですので、

よかったらお試しくださいませ!

さて、

小布施の最後は、

北斎館にやってきました。

葛飾北斎が、

江戸を追われ、晩年、この地で名作を残していったそうです。

北斎の作品は、

勢いとパワーがあって、大好きです。

この後、万座に行く予定だったのですが、

コロナの感染拡大によって、健康プログラムが中止になってしまいました。

ちょっと落ち込んでいたのですが、

温泉とモンブランと北斎に、

元気を貰いました!

先の見通しが立たないまま、

苦しい状況に立たされている方が多いと思いますが、

頑張っていきましょう!

 

 

 

 

 

 

 

「生き抜く」ために「息抜く」

今日は、

川中島古戦場公園にやって来ました。

穏やかな晴天!

のどかな風景が広がっています。

さすがに、

このコロナ騒動は応えますね。

特に緊急事態宣言が発令されてからは、

ストレスで体調を崩している方も多いのではないでしょうか?

都心で「三密」を避けていても、

窮屈感というか閉塞感というか、

息苦しさを感じます。

このままでは体に良くないので、

息抜きやって来ました。

東京の桜は、

葉桜になってきていますが、ここはまだ蕾の桜もあって9分咲きです。

自然の中に身を置くと、ホッとしますね〜。

かつて、ここは

武田軍と上杉軍が死闘を繰り広げ、多くの兵士が命を落としました。

令和2年、

形は違いますが、戦国の世、乱世に突入したと言えるでしょう。

自分の身は自分で守らなければなりません。

余力が有れば

周りにいる僅かな人にも手を差し伸べる。

今考えられる事は、そのくらいの事ですかね。

昨年までの浮かれて生活していた日々が、

突然、あっという間に変わってしまった事に戸惑いを隠せません。

とりあえず現実から逃げる為に、東京から離れました。

この戦争は、長期戦になるでしょう。

今出来る事は、

「生き抜く」ために「息抜く」こと。

鹿島&香取神宮

‪神代の昔、天照大御神の命を受けて

“鹿島神宮”の御祭神「武甕槌大神」は、“香取神宮”の御祭神「経津主大神」と共に出雲の国に天降り、大国主命と話し合って国譲りの交渉を成就し、日本の建国を果たしました。‬

時を経た2020年、

世界各国で疫病が発生し、社会情勢は大混乱。

日本も国家の存亡に関わる大問題に発展しました。

数ヶ月前までは、何もない平和な世の中を当たり前のように思って生活していましたが、

改めて平和平穏に暮らせる事が、いかに有り難い事か、痛い程身に染みています。

神代の時代に、

この日本を建国して下さった、

「武甕槌大神」と「経津主大神」に、

この難局を乗り越えさせて頂くべく

参拝させて頂きました。

武道、スポーツの神としても知られる

武甕槌大神

この鹿島神宮にも、

多くのアスリートが参拝に訪れます。

東京オリンピックも延期になりましたが、

代表選手や候補に上がっている選手は、心中穏やかではないでしょう。

私は、

最初からこうなると予感していました。

オリンピックのロゴの盗作問題に始まり、

新国立競技場の建設にあたってのドタバタ。

聖火台を忘れたなんて開いた口が塞がりません。

オリンピック誘致の賄賂の問題も現在捜査中です。

次から次へと、

色んな問題が出てきました。

金と利権にまみれたオリンピックを、

神様がヨシとするわけが無いのです。

一昨年あたりから、

スポーツ界の様々な問題が浮上してきました。

本来であれば選手のためのスポーツなのですが、

金と権力に支配されてしまってからは、

選手は奴隷のような物でした。

今回のコロナ騒動による東京五輪の延期は、

そんな様子を見ていた神々の怒りが頂点に達した結果だと思います。

来年の7月23日に、

開幕することになりましたが、

たぶん来年も無理だと私は思っています。

オリンピックに限らず、

プロ野球やJリーグなど、

ほとんどの競技スポーツが現在中止になっています。

この状況が長引けば、

路頭に迷う選手たちも出てくると思います。

近年、

私の元にも

将来プロスポーツ選手を目指す

中学生や高校生が

多く来られるようになりました。

もちろん甘い気持ちで来られる方はいません。

厳しい世界であることは充分にわかっているのです。

しかし、

この新型コロナウィルスの蔓延は、次元が違います。

商業スポーツという文化が、

将来的に消滅してしまうのではないかとさえ思える事象です。

スポーツに限らず、

戦争のような有事が発生して社会情勢が変わっていくと、

今まで職業として成立していた業種が無くなってしまう可能性も出てきます。

これから時代の変化と共に、

様々な業種が消えて行くと言われています。

どんな職業を選んでも、

どんな場所に住もうと、

何が安全安心か?

想像もできないような時代に突入したと言えるでしょう。

実は、

職業が“どうのこうの”というより、人類が終わりに近づいていると言っても過言ではない状況かもしれません。

過去にも疫病で消えた文明もありました。

でも、

私はあまり悲観してはいません。

みんなが気付くチャンスだと思っているので!

一見不幸に見える様な出来事も、実は良くなって行く為の過程に過ぎない。

過去世を憶えていない方、信じていない方がほとんどだと思いますが、

私なんかは、

過去にはもっと悲惨な世の中に生まれて、辛く苦しい人生を、何度も何度も繰り返して来ているのです。

なので、

このコロナウィルスで死んだとしても、

今世はとても幸せな人生だったと言えます。

ただ、

この人生ももう少し残っているので、

頑張って生きて行かなければなりません。

なぜなら、

ここでの頑張りが次の人生に繋がっているからです。

次は地球には生まれて来ないとも言われています。

であれば尚更、

何度もこの星に生まれて来て、

様々な人生を送れた事に感謝して、

残された期間を悔いなく生きていく。

そして、

目の前で何が起きても動じない!

そんな覚悟も大切かと思います。

鹿島神宮と香取神宮に参拝して

そんな強さを頂きました。

早すぎた春!

万座温泉に

こんなに早く、

春がやって来るとは

誰が想像できたでしょう!

23日から予定していた

スノーシューハイキング付き

スーパーダイエット合宿プラン

《MANZAP》ですが、

雪不足により、

中止になってしまいました。

昨年は、

4月中旬に開催できたのですが、

年々、地球温暖化が進んでいるのが分かります。

《MANZAP》は

中止になりましたが、

宿泊をキャンセルせずに、

お越し下さったお客様に感謝を込めて

『大人の体育学校』を

急遽、開催しました。

『大人の体育学校』と名打ちながら、

なんと、

史上初の小学生が2名参加してくれました。

3年生と6年生の兄弟です。

小学校の体育では、

絶対に教えて貰えないような

トレーニングの奥義を伝えました。

楽しかったです(^^)

ご参加下さった皆様、

ありがとうございました😊

世間では、

新型コロナが猛威を奮っているようですが、

賢い皆さんは、

万座温泉に疎開しに来ています。

万座温泉の

酸性硫黄泉と硫化水素ガスが

頭の先から足の先まで、

しっかり殺菌してくれます。

是非皆さんも、

肺の内部や全身を殺菌しにいらして下さい。

お待ちしています。

満開!

今日は、

湯河原梅林にやって来ました!

世の中は、

新型コロナ騒動で大変な状況です。

幕山公園にある湯河原梅林は、

今が満開です。

色鮮やかな風景が、

コロナ疲れを癒してくれています。

イベントも各地で中止になっていますが、

湯河原梅林での

『梅の宴』は、

今年も無事に開催されました。

本日、ステージでは、

湯河原芸妓の皆さんの舞が披露されていました。

コロナ騒動で、

中止になるのではないかと

心配していましたが、

拝見することができました。

かなり寒かったのですが、

たくさんの方が見ていました。

日本の伝統を

湯河原で継承している皆さん。

こういった文化が

いつまでも続く世の中であって欲しいと

願います。

先日、

お稽古場で見学させて頂いた時に

お世話になった、

真緒さんと紅緒さん。

やはり、

稽古場と本番は全然違いますね。

今年は、

私もさらなる精進を重ねて、

皆さんをお座敷に呼べるようになるのが目標です。

 

いつになることやら!

ステージの後は、

みかんジュースが配られました。

素晴らしい演舞を

有り難うございました。

さて、

これから急いで帰ってお仕事です。

頑張ります。

ロケハン!

さて、

今年も

東京エクストリームウォーク100の開催を想定して、

トレーニング場所をどこにしようか?と、

そろそろ決めなければならない時期になってきました。

何ヶ所か候補を上げていたのですが、

1月2日に、

富士山から

「私の元でやりなさい!」と

掲示を頂きました。

という事で、

山中湖に下見にやってきました。

山中湖は一周13.6km

サイクリングやジョギングに、

とても適した場所です。

東京エクストリーム100は、

何せ、徹夜で100km歩き続ける大会ですので、充分に練習をしなければ、ゴールは難しいのです。

山中湖を約7周分の距離です。

一周を3時間で歩ければ失格にならず

ゴール出来ると思います。

AM11:10

セブンイレブン山中湖畔店をスタート。

ここから左回りに一周します。

どんなもんでしょうか?

しばらくは、

富士山を背にして歩来ます。

遊歩道やサイクリングロードが、

しっかり整備されていて

とても歩きやすいです。

歩くにつれて、

富士山の見える角度も変わってきます。

どの角度から見ても美しいですね。

まだ雪に覆われている遊歩道もあります。

湖の水際を歩く事もできます。

水の上に、

素敵な歩道がある区間もありました。

山中湖は行政がしっかりやっていますね。

道路沿いには、

美味しそうな店が、たくさんあります。

どこで食べようか?

考えながら歩くのも楽しいですね。

こちらの浅間茶屋も有名です。

リスや野鳥とも、

お友達になりました。

この写真が、

本日のベストショットです。

白鳥たちは、

人間を怖がりません。

近づき過ぎると、

たまに噛みつきます。

こうやって、

静かな空間を動物と語らいながら歩いていると、

昨年のサンティアゴを思い出します。

自分のペースで、

気ままに歩くのは本当に楽しいです。

たぶん、

新型アル中ウィルスに感染したのだと思われます。

それにしても、

よく整備されています。

山中湖と富士山の

雄大な景観を楽しみながら、

あっという間に、

一周してしまいました。

セブンイレブン山中湖畔店に到着!

でも、

時刻は、

ちょうど15:00でした。

まぁ、

途中寄り道をしたり、

道を間違えて戻ったりしてたので結構かかってしまいましたが、

普通に歩けば3時間コースですね。

こんど、

リスタブルGPSを使って、

正確にトライアルしてみたいと思います。

山中湖合宿プランの詳細が決まり次第、

皆さまにもお知らせさせて頂きます。

まだまだ寒い日が続きますので、

体調には充分にお気を付けください(^^)